« 続々増えるseri05を追う (1) | トップページ | 続々増えるSeri05を追う(2) »

2011年10月 6日 (木)

さよなら1005F他

Cimg2329
また更新が空いてしまいました。連休取ったしわ寄せに忙殺されている今日この頃です・・・。さて昨日は花めぐりスタンプラリーに繰り出してまいりました。もっともあいにくの天気で花めぐりどころでは無く、御花畑でそばだけ食べて帰ってきてしまったわけですが。

秩父鉄道と言えば、センガタン駆逐部隊が先週長津田から2本も輸送されており、すでに先月から1008Fが戦線離脱状態で、さらに今月にはもう1本の離脱が予想されます。

Cimg2049
6両での輸送は7001F,7002F以来ですね・・・

Cimg2050
何故か今回、タネ車番の張り紙が掲出されていました

Cimg2063
デキのプッシュプルでセンガタンのアジト、広瀬川原を目指す


Cimg2305

それはさておき、次なる離脱車はおそらく今月で検査切れとなる1005Fになるものと思われるのですが、昨日は行きも帰りも1005F!まるで、お別れを告げに来たかのよう;D そしてTokyuもHibaもまたまた全回避。まあ今回輸送された7504F,7505Fがデビューするとなると、いよいよ国電とTokyuの形勢が逆転、国電オンリーの秩父路の旅もそう簡単には出来なくなるのでしょうね・・・

Cimg2332

そして昨日の締めくくりは1005F&1010F並び。センガタンからのささやかなプレゼントでしょうか・・・。1005Fが離脱すると秩父色で残る1000系は1010Fのみとなり、これまで当り前のように見れた秩父色同士の離合は見納めとなります。国電王国の凋落のときは着実に迫っているのだなと実感させられます。

Cimg2290

ちなみに一足先に離脱している1008Fですが、7504F・7505Fの到着までは緊急予備車のような感じになっていたのか、解体は為されずに12系裏にずっと留置されていましたが、12系裏には整備待ちの7505Fが入り(7504Fが現在トラバーサー奥で整備中)、1008Fはいよいよ無架線ゾーンに押し込まれてしまいました。近いうちに解体されてしまうのではないでしょうか・・・。

|

« 続々増えるseri05を追う (1) | トップページ | 続々増えるSeri05を追う(2) »

国鉄・JR電車」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

私鉄・その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/521271/42331440

この記事へのトラックバック一覧です: さよなら1005F他:

« 続々増えるseri05を追う (1) | トップページ | 続々増えるSeri05を追う(2) »