« 203系、南武支線へ転用?? | トップページ | 続々増えるseri05を追う (1) »

2011年9月22日 (木)

噂の103系東海色

Cimg1400

本日JABOTABEKの鉄道は103系E27編成の出場試運転、東京メトロ6115F デビュー、そして203系マト68,69のTanjungPriok到着とイベント三昧だったようです。なんとも羨ましい限り。1週間夏休みがずれていれば・・・。

というわけで、先日ジャカルタ入りした05系・203系と共に訪問してきた全般検査中の103系の様子を。滞在中に試運転があればと期待していたのですが、まだ出てこないとのことで、こうなったらBalaiyasaManggaraiに行くしか手が無く、1年ぶりにManggarai工場へ入ってきました。

103系の居る電車検修庫に向かっていくと、おや?明らかに103のクーラーなんですけど・・・↓。

Cimg0561_r

奥にはKFWが止まっており、なんともいえぬ光景です。これでは出場はまだまだ先か、と思っていると、こういうことでした。

Cimg1388

E21編成はまだまだ検査真っただ中。塗装もまだところどころ旧塗装が残っておりました。

Cimg1390

手作業で丁寧に塗り替えが進んで行きますが、こりゃステンレスorアルミ車を欲しがるわけですね。

Cimg1395

クハ103-597は塗装は概ね終了しており、ここでいよいよ東海色と感動のご対面。インドネシアにまさか東海色、というか湘南帯が見れるとは;;

Cimg1397

運番窓も残り、テールライトも奇跡的にオリジナルが残存しているこの車両が営業を開始したら、カッコイイだろうなぁ・・・。こっちから先に検査だったら良かったのですが。次回のお楽しみですね。

そして、ついにお待ちかね!E27とご対面。

Cimg1399

おぉぉ!ちょっと遅いですが、リニア・鉄道館開館記念!といったところでしょうか;;なんかヘッドマーク作って行けばよかったかな。COME BACK TOKAI COLOR!!まあ私は美濃太田の朽ち果てたあの姿しか、103系の東海色は見たことが無く、ほぼ初対面という感じなのですが、よく似合っているのではないでしょうか。JRマークの変わりにインドネシア鉄道マークがあるところも特に違和感なく馴染んでいると思います。防護網も従来のシルバーから、デザイン上を考慮してか、黒塗装になっているところも好感が持てますね。なお側面、車番表示はBalaiyasaManggarai出場車に採用されている、客車に付けられるものと同様の黒字のプレートになっており、KL1 103 XXXと番号が入れられるのではないかと思われます。

Cimg1403

また今回、2004年のジャカルタ入線以来初めて車内にもリニューアルの手が加えられていました。部品提供のある東急車以外の車内は放置されるケースが多かったのですが、ここのところ都営6000や、メトロ5000などの無償譲渡車にもシートモケット・カーテン交換が進んでいるのと同様に、いよいよ103の車内にも手が付けられました。床材も若干張り替えられているようで、また吊革もトランスジャカルタと同様のものに交換されています。JR時代の面影が無くなるのはやや残念ではありますが、だいぶ草臥れていた備品が一新されました。

Cimg1406

クモハ103-153はKKW対応でシートが赤系です。

が、しかし。

Cimg1401

外装はクハ103-632がKKW対応・・・。入場前はクハ103-153がKKWだったはずなのですが、E21とE27の連結順序が変わるということなのでしょうか。でも、なんで内装と外装が食い違っているのか;;まあそこはインドネシアマインドということでしょう。シートを入れ替えるのか、そのまま走らすのかは、ちょっと見ものです。ま、そんなわけで、こちら側は前面のみが東海色となっています。これはこれでありかとは思うのですがね。

なお、東海色とはいうものの、地の白色は鋼鉄のRheostatic、KL3-76~83の新塗装に採用されている白では無く、ややメタリックがかったものになっています。同一編成内でKL3-86と組まれているKL3-84107、KL3-84108の塗装を変更したときに、ステンレス車と揃えるために採用されたメタリックカラーと同じものと思われます。おそらく2両のみの塗装で余っていたのではないかと。

Dscf1350

左がKL3-84108、右が通常塗装。曇りや屋内ではあまり差は感じられないのですが、バリバリの日差しの下ですと、やや違和感が出るかもしれません・・・。

Dscf0146

前から3両目、4両目が白メタリック塗装のKL3-84107、KL3-84108。こう見ると、かなりシルバーがかって見えてしまいます。ちなみに先頭のKL3-86118は前面窓の縮小が行われており他のKL3-86~87とは異なった顔つきとなっています。工場から出てきた103系が私たちの目にどのような姿に映るなるかは、これまた営業開始後のお楽しみということですね。ただ相方のE21が出場するまでは必然的に4連での運用が強いられ、Tangerang線運用に入る(仮にTanjungPriok運用でも朝夕はTangerangに入るので)のではと予想され、せっかくお色直ししたのに、早々に汚れてしまうのではないかとちょっと気がかりではあるのですが。

|

« 203系、南武支線へ転用?? | トップページ | 続々増えるseri05を追う (1) »

国鉄・JR電車」カテゴリの記事

私鉄・その他」カテゴリの記事

遠征記」カテゴリの記事

コメント

連結順序を入れ替えるのは、運転台機器を交互に使う意味でしょうか。日本でも京王電鉄が6030形増結車を地下鉄直通と地上運用で逆に連結したり、8000形の編成順序を入れ替えて八王子側を4連にしたりしていますが…。

投稿: MOGUPON | 2011年9月25日 (日) 23時58分

MOGUPON様、コメントありがとうございます。まあPT.KAIがそこまで考えているかどうか、ですね;;

投稿: エンケチ | 2011年9月26日 (月) 01時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/521271/41925854

この記事へのトラックバック一覧です: 噂の103系東海色:

« 203系、南武支線へ転用?? | トップページ | 続々増えるseri05を追う (1) »