« 1008Fの行く末は如何に | トップページ | 117系新快速で行くリニア・鉄道館 »

2011年8月27日 (土)

203系マト68編成新潟へ&新潟東港の状況③

1163_2

これが最終譲渡??、それとも・・・

さて23日~25日にかけて、203系マト68編成がインドネシア譲渡に向けた配給と甲種輸送が行われ、松戸~東新潟の追っかけは出来なかったものの、115湘南色を見がてら今回も懲りずに東新潟~藤寄の輸送に出撃してまいりました。なお今回は仕事が早上がりの気配で、ムーンライトえちごの運転期間ということもあり、青春18きっぷ使用。車ばかりでは健康に悪いですから。まあ早上がりということで、その分早入りということで、前日の東新潟までの送り込みは見れないというわけで。もっともスケジュール遅れのために大事を取ったのか、何故か前々日に送り込まれたため、どっちにしろ見れなかったわけなんですけどね。

Img_0153

そんなわけで、今回の旅はムーンライトえちごからスタート。ムーンライトえちごというと、日付変更駅までの距離が長く(北鴻巣で一旦下車するというケチり技を使ってもまだ高い・・・)、初日の利用は何かと敬遠してきたわけですが、これからは乗車駅が日付け変更駅!やっぱ熊谷最高です。もっとも、えちごは熊谷を通過するので最終の前橋行きで高崎まで先行します。危うく、高崎で寝過ごすところでしたが、なんとか起きて下車しました・・・。

そして、ムーンライトえちごが入線してきます。かつては最終新前橋行きを籠原で追い越していましたが、臨時格下げになってからは、ずっと後追いになりました。そういえば、臨時格下げ化後、要するに183系化されてから乗車するのは初だっけ。もう1年以上経つというのに・・・。あずさ時代にはグレードアップあずさとか呼ばれて居ましたが、これではグレードダウンえちごですね・・・。よくもこんな車両で、グレードアップ車とか言ってたもんだな、と思いますが、グレードダウン最大の要因は幕張車が元自由席車の寄せ集めで組成されているからか(幕張車って両先頭車とも一段バッタンでしたっけ??)。

Img_0152
幕は485時代を踏襲

まあ座席が云々言っても、夜行列車なんてものは寝たもん勝ち!よほど疲れていたのか、新前橋を最後にその後の記憶なし。これは最速記録か!?そして起きたら、そこは新潟。夜行列車だと本当にラクちん。是非とも毎日運転の復活を(爆)


新潟に着いたものの、まだまだ藤寄に行くには早いので、越後線の始発にでも乗って時間潰し。運用が変わっていなければ、弥彦送り込みのY編成なはず。

Img_0164

Img_0185

Img_0186
JNRマークが消されていなければ最高なのですが・・・ というか、こいつ幡生改造なんですね

あ、居ました、黄色いY編成。おそらくJR東日本最後の鋼鉄ドアを保っているであろうY-1ではありませんでしたが、元0番台のこの雰囲気、良いですよね~。下関車でさえ、続々と廃車されたというのに、よくぞ東日本にここまで残ってくれたものです。

Dscf3801

この列車で、吉田経由で東三条へ。列車番号は吉田で変わり、別列車となっていますが、東三条まで同じ車両でした。ちなみに弥彦からやってきた編成がY-1でした↓

Dscf3858

30分近く停車時間があるので、吉田に留置中の115もウォッチング。

Dscf3791
見事に新潟色並び・・・

Dscf3838
湘南色5連、見たかった・・・


東三条へ抜け、ちょうどここできたぐにの時間ですので、ちょっと待ちぶせ。

Dscf3885

Dscf3888

しかし湘南色全然来ないですね。結局、来ないまま撤収・・・。ですが、撤収列車はこれまた元0番台のクモハ+クモハの500番台↓

Dscf3935

そして東三条でくびきの1号に乗り換え新潟、そして東新潟へ。

Dscf4527

毎度御馴染の光景。しかし手前に貨物が入ってしまい、先頭から撮れなくなってしまいました…。おや?ドアステッカーが今回は剥がしてありますね。インドネシアの鉄道ファン、残念がるだろうなぁ。輸送の遅れで、松戸で時間を持て余している間に剥いでしまったのでしょうか。

Dscf4530

この後、訳あって一旦新潟に戻り、すぐ折り返しで黒山に向かおうとすると、貨物が消え、そしてDE10がすでに連結。あちゃ~。いつもこんなに早くDE出てこないのに・・・。しかしこの列車が黒山まで先行出来る最後の列車ですので、やむなくここは諦めることに。沿線にはちらほら撮影者の姿があり、同じ列車にも同業と思しき方々がいくらか乗っていましたが、黒山に着くと貸切状態・・・。夏休みだからもう少し人出があると思いましたが、なんだこのガラガラぶりは。こうも203が次々送られてくるので、そろそろ飽きが来たってところでしょうか;;

Dscf4531

曇りだったので、海側の田んぼから狙おうとも思いましたが、いかんせん徒歩で藤寄まで行かねばならないわけで、臨港線内で先回り出来るか微妙なところでしたので、陸橋の上から。よくよく考えたら、203-100番台はこれにて一足先にJRから姿を消すんですね。

Dscf4535

あとは先回りすべく、ひたすら走ります。バイパスをアンダーパスした先の上りこう配になるところまで行けたらいいなか、なんて思ってましたが、結構距離がある・・・。無難に最初の踏切から撮ることに。編成で入れるのはまず無理ですがね。

Dscf4537
後追い

ここからは、とぼとぼ歩いて藤寄をひたすら目指します。車だとすぐですが、歩くと意外にある・・・。でも、吊り上げには時間がありますし、大丈夫でしょう。

Dscf4539

到着するとちょうど入れ替えを行っている途中でした。この後すぐにDE10は東新潟へ戻ってゆきました。

Dscf4493_2 
いつもだと、ここから時間がかかるわけですが、203はもう慣れっこなのか、12:30過ぎには1両目の吊り上げが始まりました。今まで見た中では最速記録ですね。それにしても吊り上げというのは何度見ても感動ものですね。ホントちょうど良いところに陸橋があるもんだ。

とりあえず、1両終わったところで、新潟東港へ。

Dscf4525
手前10両がマニラ行き、後方10両がジャカルタ行きです、お乗り間違えの無いようご注意ください・・・

と、いうわけで、フィリピン行き車両に動きはナシ。そこに先週送り込まれたインドネシア行きマト69が加わり、満タンです。

Dscf4499_2

マト68は、向かってこがね左横のマト52が居た場所に置かれるのでしょうけど、それが入るといよいよ満杯といったところではないでしょうか。それ以上はちょっと入りきらなそうですね・・・。

一通りのウォッチングを終え、藤寄に戻るとすでに2両目がトレーラーの上に。早い・・・。そしてすでに3両目の吊り上げの準備まで。あれ?日に2両ずつではなかったのか!それとも、これはまもなくインドネシア行き貨物船の到着を意味するのか!?

Dscf4516

そしてすぐに吊り上げが開始。いやいや、こんな狭いところに3両も置くとは思いませんでした。素晴らしい手さばきですね・・・。

Dscf4519

とりあえず今回は20両が送られる様子。常磐緩行に残るマト53~55は果たして海を渡るのでしょうか。

3両のトレーラーへの載せ換えが終了すると、作業員さんたちも撤収してしまい、動きは深夜までなさそうですので、自分も再び黒山まで歩きます。その後は115ウォッチングに徹したのですが、湘南色は現れず・・・。1本は新潟車両センターで寝てましたし;;

Dscf4602

そしてお帰り列車、ムーンライトえちご発車間際にようやく現れた湘南色・・・。慌てて降りて、ピントも合わず、撃沈。

そんな感じに終わった今回の新潟遠征。203は今後も譲渡が続くのでしょうか。いや続かなくても、115のリベンジは決定ですな。


|

« 1008Fの行く末は如何に | トップページ | 117系新快速で行くリニア・鉄道館 »

国鉄・JR電車」カテゴリの記事

遠征記」カテゴリの記事

コメント

きたぐに急行はすごいですね。I like 485series so much!!ヽ(´▽`)/

投稿: Kresna8039 | 2011年8月28日 (日) 02時35分

こんにちは。初めまして。
遠いところから撮影に来られていてすごい行動力ですね。
MLえちごは165系→485系→183系とグレードダウンの一途をたどっています。

ところで203系の横並びの写真はかなり高いところから撮られているようですが、どのようにして撮影されたのですか??
この辺りはそのような高い建物はなかったと思いますが。。。

投稿: ekc | 2011年8月31日 (水) 20時18分

@Kresna8039

Thank you very much for putting comment. Ya, I also like Kitaguni. It's so nostalgic train. How ever Kitaguni may be operation stopped soon.(Kitaguni is not seri485, korewa seri583 desuyo;D)

投稿: エンケチ | 2011年9月 2日 (金) 23時52分

>>ekc様

ekc様、初めまして。コメントありがとうございます。行動力というかなんというか・・・、動いていないと気が済まない性分でして。

そうですね、元グリーン車シートだったころのえちごが懐かしいです。203の写真の件ですが、ちょうどあの付近にトイレの廃墟?のようなものがあります。

投稿: エンケチ | 2011年9月 2日 (金) 23時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/521271/41384586

この記事へのトラックバック一覧です: 203系マト68編成新潟へ&新潟東港の状況③:

« 1008Fの行く末は如何に | トップページ | 117系新快速で行くリニア・鉄道館 »