« 05系インドネシア譲渡第三陣、船積み完了!(吊り上げだらけの週末②) | トップページ | 203系マト68編成新潟へ&新潟東港の状況③ »

2011年8月24日 (水)

1008Fの行く末は如何に

1008Fの行く末は如何に

昨日、朝運用を終え回803レにて広瀬川原に帰還してきた1008Fですが、今朝ウォッチングしてみるとDLに繋がれ通電試験線に押し込まれておりました。無架線ゾーンではないことから、即解体ではなさそうですが、今月で検査切れの1008Fですから、このまま離脱してしまうのか、或いはまさかの入場なのか、今後に注目です。


1008Fの行く末は如何に
フィナーレにふさわしい豪華な並び??

まさか明日の1003Fオレンジバーミリオン復活ミニイベントで並ばせたりなんてことはしないよね・・・。そして1008Fが離脱すると白に青帯の秩父色は1005Fと1010Fの2本に・・・。再びリバイバルカラーが形勢を逆転です。

Dscf3720
この通り押し込まれてしまった1008F 果たして再起はあるのだろうか

Dscf3740

しばらく観察していると、DLが切り離され、構内にたむろしている貨車の入れ替えが始まりました。もしかしたら、解体(切断)場所を確保しているのかもしれませんね・・・。

|

« 05系インドネシア譲渡第三陣、船積み完了!(吊り上げだらけの週末②) | トップページ | 203系マト68編成新潟へ&新潟東港の状況③ »

国鉄・JR電車」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

私鉄・その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/521271/41336559

この記事へのトラックバック一覧です: 1008Fの行く末は如何に:

« 05系インドネシア譲渡第三陣、船積み完了!(吊り上げだらけの週末②) | トップページ | 203系マト68編成新潟へ&新潟東港の状況③ »