« 川崎の埠頭に行ってみる | トップページ | たまには気分転換に185でも »

2011年7月 5日 (火)

1003Fいよいよ入場、そして塗装変更へ!

Dscf7234_r
秩父色同士1005Fと並ぶのもこれで最後

さて、先週末全検期限切れにより広瀬川原送りなった1003Fですが、トラバーサーのある全検エリアに入るには通電試験ゾーンを経由せねばならず、そこには謎の運用離脱をしている5004Fが止め置かれているわけで、この土日の時点では、1003Fは交番検査等用の手前の倉にとり込まれているのは明らかでした。そんなわけで、本日月曜日(もう日付変わっちゃってますが;;)週明け一発目の広瀬川原ウォッチングを敢行。

到着したときには案の定1003Fがすでに倉から出されて1005Fと並んでおり、、いよいよ全検に入り目前ということを伺わせました。と、まさにドンピシャなタイミングでDLのアイドリング音とともに倉のシャッターがオープン!

Dscf7224_r
そして、わくわく鉄道フェスタ時にはターンテーブルで御馴染の入れ替え用DLのお出まし。ついにこのときが来たぁ!一度は入場シ―ンは見逃しちまったと思ったわけですが、見れちゃうんですかね。

連結シーンを見るべく、見収めとなる1003F秩父色を撮り収めしながら、土手付近で待機していると、いつの間にかDLの姿が無い!?そして倉の裏の方からピーっという奴の汽笛が??あれ、戻っちゃったのぉ~??


いや踏切が鳴り出した。一体何やっているんだ。と思っていると…。

Dscf7258_r

え?

Dscf7262_r
しかも2両…。ここはBalaiyasaManggaraiかっ!!

あぁぁぁ!反対側で待っていれば良かった!

まあ冷静に考えれば5004Fを移動しない限り、1003Fは入場出来ないわけで、こうなるのは予測出来たんでしょうが、まさかこのタイミングで動くとは、ね。

Dscf7292_r
5004Fの方は一旦スクラップゾーンへ押し込まれました。

Dscf7294_r
当然のことながらDLは切り離され、再び戻って来たのですが、果たして1003Fとすぐに連結されるのか。

と、作業員さんたちが1003F の方へ移動。これは来るな!と私もダッシュ。

Dscf7308_r
おぉ!ついにこの光景が現実のものに!


Dscf7315r 
連結、そしてこのまま午後まで放置かと思いきや、すぐに牽引が始まりました。もしかしたら、次回この光景が見れるときは廃車回送後のスクラップゾーン行きのときかもしれませんね…。

Dscf7344_r

Dscf7349_r
通電試験ゾーン、そしてトラバーサーへ。次、こうして会えるとき、果たして何色になっているのでしょうか!?前にも言いましたが、私は断然オレンジバーミリオン!!まあ何色になろうが、次はパレオブログより先に暴いてやろうじゃないですか。hahaha いやいや、良いものを見せてもらった。Hiba入れ替えのオマケ付きでww

とまあ、こうして今日のお目当ては終わるはずだったのですが、DLが切り離されて出てくると、倉に戻らず5004F2両と再び連結。
Dscf7354_r
部品取りの同系と並ぶ5004F2連、そして背後には8500(7000)の部品取り車両も;D。正にスクラップエリアという感じ。まあDLが再びお迎えに来たことで、5004がサヨナラ??なんてことにはならないということでしょう。

Dscf7414
再びDLに牽き出されてきました。思いがけず、こちらサイドからの撮影も出来てしまいましたね。しかし2連というのが怪し過ぎる…。

Dscf7377_r
そして先ほどまでの定位置に戻された5004F

Dscf7412_r
1003Fは封印されちゃいましたね。う~む、しかし5004Fに何が起きたのか。5004号が出てこないところを見ると、それに何か問題があるか、何かの工事をしているということなのでしょうかね??

ここまで見てしまったら、DLのお倉入りまで見物していきましょうかね。どうせDLの方は作業が終われば、さっさと倉へお帰りでしょうし。

Dscf7389_r
そういえば、この一連の入れ替え作業で踏切はほとんど閉まりっぱなしでした。まあ踏切の反対側に住宅は無いし、よほどの物好きしか利用しないからそれでよしということでしょう。その踏切上でDLは折り返し、アイドリング音を響かせながら、倉の中へと消えてゆきました。

Dscf7397_r

おわり


遅番っていいね!








|

« 川崎の埠頭に行ってみる | トップページ | たまには気分転換に185でも »

国鉄・JR電車」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

私鉄・その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/521271/40679148

この記事へのトラックバック一覧です: 1003Fいよいよ入場、そして塗装変更へ!:

« 川崎の埠頭に行ってみる | トップページ | たまには気分転換に185でも »