« New JR WEST | トップページ | 桜満開の嵐山駅 »

2011年4月11日 (月)

短命に終わった日中の九段下折り返し

Dscf4845
今やすっかり首都圏地区の鉄道の事実上の暫定ダイヤとなりつつある節電ダイヤ。地震発生から一カ月が経過し、電力事情もやや落ち着きを取り戻したのか、鉄道ダイヤも徐々に通常に近いものになりつつあります。

しかしその節電ダイヤですが、ファンとしては観察してみるとなかなか面白いものであります。現地で自分の目で確かめろというのが、自分なりの心得であったりしますゆえ、行ってからのお楽しみというところがミソであったりします。ネット上などに出ている運行情報では通常の※割程度としか大抵案内が出ていませんからね。

Dscf4796
しかしながら、当初は駅に行っても時刻が貼り出されておらず、時刻表通りの運転にはなっていないとの旨のなんとも不親切な?張り紙のみしか掲出されていなかったのが東京メトロ。もっとも一部の路線を除いてオール各停で、この頃は他社乗り入れも一部見合わせており、通常ダイヤより本数が少ないとは言え、5,6分待てば列車はやってくるのですから、たいていの利用者にとってはこれで十分なわけです。

そんなわけで、冒頭の写真はたまたま所用で3月下旬に東西線を利用していたときのこと、やってきたのが九段下行き・・・、いうことで慌ててカメラを取り出し撮影した次第。

その後時間がありましたので、今後一部はインドネシアに渡るであろう05系の一次車の青帯姿を撮り収めるついでに、ダイヤを観察していたところ、どうもこのときは30分に1本が西船橋~九段下の折り返し運転となっていたようです。ちなみに快速運転は15分毎に通常通り運転されており、普段は朝に1本だけですので趣味的にはこの九段下止まりは非常に魅力的ですが、果たしてどれほどの節電に繋がるかはやや疑問は残りました。
Dscf4868
今回の話とは関係はないですが…、並びになったので
Dscf4879_2
その後、103Fが九段下止まりに!

Img_8263
さらにまたまた九段下幕!!

ただその九段下行きですが、先日東西線に再び乗車したところ、以前の「時刻表通りの運転にはなっていない」時刻表では無く、節電ダイヤの時刻が掲出されるようになっており、それによると今後東西線は日中の快速運転中止をもって節電対策とするようで、日中の九段下折り返しは見収めになってしまったようです。
Dscf5693_2
数少ない当ブログの定期購読者?でもあるMOGUPON氏によると、どうも九段下折り返しは3月25日あたりから開始されいたようで、かなり短期間で現在の日中の快速運転取りやめという芸の無いダイヤに移行してしまったようです。まあ実際こちらのほうが節電には効果的でしょう。丸々毎時4本少ないのですから。

おまけ
Img_8270

Dscf4920

3月下旬当時は多摩急行のスジが霞ヶ関止まりとなっていた千代田線。203系の霞ヶ関表示が出ないものかと淡い期待をしましたが、まあ無理でした。一昔前ならメトロになんぞ見向きもしなかったのに、ホントこの浮気性はどうしようもないなと思います(笑)。

|

« New JR WEST | トップページ | 桜満開の嵐山駅 »

日記」カテゴリの記事

私鉄・その他」カテゴリの記事

コメント

ここではお久しぶりです。

その東西線なのですが、やはり1時間当たり12本→8本への減少は大きく、地下鉄区間ではかなりの混雑になっています。

ちなみに地震発生直後はオール各駅停車で約6分毎に運転されていましたが、ランダムに東陽町や妙典での折り返しが入る段落ちダイヤになっていました。

投稿: MOGUPON | 2011年4月20日 (水) 23時52分

MOGUPON様、お久しぶりです。こっちは全然更新していなかったものだから、いよいよ忘れ去られたかと思ってましたよ(笑)

そうでしたか。6分毎ということは今より本数多かったのですね…。8本化された後も何回か乗っていますが、地下でもそのときは余裕で座れるほどガラガラでした。区間によりだいぶ違うのかもしれませんね。

投稿: エンケチ | 2011年4月21日 (木) 17時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/521271/39565040

この記事へのトラックバック一覧です: 短命に終わった日中の九段下折り返し:

« New JR WEST | トップページ | 桜満開の嵐山駅 »