« タイ国鉄にも塗装変更の波? | トップページ | 秩父出初式2011 »

2011年3月31日 (木)

さよならPakuanEkspres(追記あり)

Dscf9777
1988~2011、ありがとうPakuanEkspres!!
(6000系の持ち合わせ画像が少なく6連です・・・ でもやはり急行と言えば6000系ですからね)

明日4月1日からの新ダイヤ移行に伴い、本日をもってJABOTABEK管内の全ての急行電車が運転を終了。Jakarta~Bogor間約50kmを最短50分台で、しかも日中でも概ね30分間隔で結んでいた名門(?)Pakuan急行もご多分に洩れず廃止の対象に・・・。

Dscf2935

設定当初の急行電車は今やロングシートとなり、KL3-87と格下げされた元KL2-87で、その後KL2として投入されたHolecもその戦列に加わっていたようですが、今日の急行電車ネットワークを形成したのは2000年以降に譲渡された日本の中古車群に他なりません。急行電車の拡充はある意味、正に日本から渡った中古譲渡車の台頭を示していたといっても過言ではないでしょう。その急行電車がある日いきなり全廃というのは寂しい限りです。

Dscf7411

感情論はさておき、今後のJABOTABEKはどうなるのでしょう。急行廃止の主な理由は混雑率の均整化、待ち時間の短縮、遅延の防止、とまぁそんなところでしょう。しかしながらこの4月改正には大きな問題点があるのも事実。廃止された急行電車は単純にEkonomiACに格下げされるわけではないのです。路線にもよるのですが、Bogor線・Bekasi線ではKomersialという新種別が設定され、上記路線では全列車各駅停車ながら従来のEkonomi・EkonomiACにKomersialが加わり種別が混在することになる(というか従来通り3種別が混在)のです(Tangerang線・Serpong線[電車]は4月以降Ekonomi・EkonomiACの2種)。同じ各駅停車にも関わらずEkonomiACとKomersialの違いは何なのか?それはなんと車形の違い。正しく言えば車両保有会社の違いになるのです。新たに設定されるKomersialにはPT.KCJ保有の赤い車両(7000・05・JALITA)が使用され、EkonomiACよりも高く、Bogor線ではEkonomiACの5500Rp.に対し7000Rp.となる見込み(つまり編成毎に種別も固定されるわけで、日本字幕も封鎖の危機!?)。もちろん赤い車両だけでは足りないので一部編成はPT.KAIから借り入れるようです(Hiba?)。では何故このようなわけのわからぬことになったのか。それは国鉄本社とも言うべき(一応民営化はされていますが)PT.KAIとそこから以前に分社化されたJABOTABEK地域鉄道部とも言えるPT.KCJの関係性の悪さにあるのではないでしょうか。もっともこのような二朝並立の図を作り上げてしまったのは上下分離論者の日本のコンサルなんでしょうけど。

Dscf9963

従来上下分離とは名ばかりに、ウワものもシタものもPT.KAIが保有し、PT.KCJといえば一部の駅業務に一部の車内アナウンサー、一部の検札担当、一部の編成の保有、及びコールセンターの役目等々を担っているだけで本来の上下分離とはかけ離れたものでした。切符の売り上げがそもそもPT.KCJに行っているのかも定かではありませんでした。そこで今回の改正、両者の利権を明白にするというのが裏の事情ではないでしょうか。しかしこれが利用者に不都合を来たすのも明らかなのです。同じ各駅停車に乗るにしても、券売ロケットが2カ所(2社)で存在することになり、いちいち次の種別を確認せねばなりません。また白紙改正と言えど従来のダイヤをかなり踏襲しているところもあるようで、Komersialが連続したりEkonomiACが続いたりムラがあり、結局3種別が存在することに変わりがないので、混雑はあまり均整化しないと思われます。そして路線距離の長いBogor線での急行廃止はかなりのスピードダウン(20分)を招きます。せっかく獲得した中間層・上流層の利用客を再び手放すことにもなりかねません(混雑は緩和されますが)。

Dscf7585

確かに現状のダイヤはやたらに急行が多い時間帯などもあり決して使いやすいダイヤとは言えず、Tangerang線やSerpong線ではそもそも急行が必要なのか疑問なところもありますので、線区毎に適した輸送体系にしてもらいたいものですねぇ。オール各駅停車化はあくまでも次回改正(TanjungPriok線の開業で運行形態を刷新予定)までの繋ぎではあるようですが、是非とも再考を願いたいばかりです。願わくば、利用者団体ないし政府からの鶴の一声で毎度御馴染の当日撤回にならんことを。

Dscf2361

※写真は急行と判別できるものを適当に集めてみましたXD


(追記)現地ファンの方からの連絡によると4月1日に予定されていたダイヤ改正は当分の間延期が決定されたとのこと…。ただ急行の廃止は免れほっと一息した反面、このような直前撤回がいつまでも続くようではJABOTABEKの今後のイノベーションは望めず、複雑な感じがするのも事実。ダイヤ改正すら乗客の力で阻止されてしまうようでは、運賃値上げなどもってのほかですから。10円電車もいつになったら廃止出来るやら・・・ですね。

|

« タイ国鉄にも塗装変更の波? | トップページ | 秩父出初式2011 »

日記」カテゴリの記事

物申す・ニュース」カテゴリの記事

私鉄・その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/521271/39424337

この記事へのトラックバック一覧です: さよならPakuanEkspres(追記あり):

« タイ国鉄にも塗装変更の波? | トップページ | 秩父出初式2011 »