« 激闘!!ジャボタベック3泊4日 バタビア滞在期 最終夜 | トップページ | 熱闘!!ジャボタベック8泊9日 バタビア報告書 第二夜 »

2010年9月15日 (水)

熱闘!!ジャボタベック8泊9日 バタビア報告書 第一夜

Dscf7661
8泊9日は長かった・・・。でもその分、様々な収穫、出会い、ハプニングがありました。が、これらを去年みたいに全部紀行文風にやってたら、とうてい書き終える見込みが無い&モザイクをかけないとならない箇所がそこそこある等で今回は、テーマ毎に小出しでやっていく予定です・・・。ご了承ください。なお、今回も旅のお供はT氏であります。

熱闘!!ジャボタベック8泊9日 バタビア報告書(1)
「徐々に増えつつある現地仕様幕?」
Dscf7580
さて、ジャボタベック圏内の状況はJABOTABEKRAILNEWS様を初め様々なサイト等で報じられておりますが、最近の注目はというとやはり7000系のデビューや05系のBlaiYasaManggarai到着(現時点ではBukitDuriに移動した様子)でしょうか。それ以外の既存編成に目を向けてみますと、最近急速に青色系の新塗装に更新され、それと同時に方向幕が日本仕様から現地仕様に交換されているようにも見えます。画像参照↑↑

ただ、以前一部の編成に装着されていたカタカナ表記のものであったりと比べてみると随分としっかりしたものを用意するようになったなぁと関心してしまします。しかも、どうやらちゃんと回るようである・・・。日本の行き先が見れなくなるのは残念だが、現地仕様に染まって行くのは仕方のないこと。急行渋谷行きはもう見れないのかぁ・・・。

とまぁ、一年でどれだけ変わった姿を見せつけてくれるのかと期待と不安(?)で初日、Manggaraiウォッチングへ繰り出したのでありました。
Dscf7537_2
せっかく幕を新調してもこれはもったいない・・・

Cimg0487
タネ車とのギャップww

Cimg0501
日本車以外も貼ろうってことでHOLEC

一通りウォッチングを終え、今回は時間にゆとりもあることだしBukitDuriまで歩こうかということになりまして、線路伝いに歩いて行くことしばし。歩いてゆく途中、なかなか良い撮影地を発見してしまったのだが・・・。で、ちょっくら寄道。
Dscf7585
はためくインドネシア国旗が格好良すぎます。

Dscf7624
7000投入で離脱かとヒヤヒヤしてたものですが、103も御登場!!

そんなこんなでBukitDuri着。ゴミが堆積し、ちょうどお立ち台になっている塀の外から覗いておりますとメトロ5000系が入ってきました。おや?快速三鷹。

Dscf7588
後で撮りたいなぁ・・・。でもあの編成、新塗装じゃないか。怪しいな。


その日の午後、私はT氏と分岐し一人Jakarta発のMerak行き!の客レでParungPanjangへ向かうことに。
Dscf7736
BB304型ディーゼル機関車牽引の客レ

Dscf7775
特等席ですねぇ。

Dscf7783
荷物車の車内。最初はガラガラだったもののTanahAbangから激混み。荷物に塞がれ後ろ展望も利かなくなりました(O_o)

これはこれで荷物車に乗り込んだりとそそりゃまぁ楽しかったのですが、ParunPanjang到着すると隣にメトロ5000。これに乗ってすぐに戻ってしまってもよかったのだが、やはりここはせっかくの車窓風景を楽しみたいということで、窓開放ドア開放な後続の客レを選択。そういうことなので発車風景を見送っていたのですが・・・最後尾の方向幕はお決まりのEkonomiAC(ちなみに前面はドラム)。でも待て、この編成、5816て、さっきのBukitDuriに居た編成じゃないか。さっそくさっきの画像を確認。やはり、同じ編成だ。これはいったい??というか誰が回したんだろ??

Dscf7792
確かに5816・・・。もしかしてBukitDuriで幕ごと交換しちゃったの!?

と、いうわけで結論。どうも日本語行先は残っているらしい。(こりゃ回すしかありませんな!T氏!)

思わぬ収穫を得ながら、ParungPanjang駅前をちょっくら散策し後続の客レで再びコタに戻りました。帰りは「客車」で風景を楽しみつつ・・・。
Dscf7871
鉄旅って感じだね。

おまけ。翌日以降、連続して5816がBogor線に入っていた(初日のSurpong線がレアだった?)のですが、また幕が快速三鷹に・・・。三鷹が好きな人が居るのでしょうかね。謎多きジャボタベック。つまりBukitDuriで交換されちゃった疑惑は解消。日本字幕は残っていた!!
Cimg0636


つづく

|

« 激闘!!ジャボタベック3泊4日 バタビア滞在期 最終夜 | トップページ | 熱闘!!ジャボタベック8泊9日 バタビア報告書 第二夜 »

国鉄・JR電車」カテゴリの記事

私鉄・その他」カテゴリの記事

遠征記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/521271/36750904

この記事へのトラックバック一覧です: 熱闘!!ジャボタベック8泊9日 バタビア報告書 第一夜:

« 激闘!!ジャボタベック3泊4日 バタビア滞在期 最終夜 | トップページ | 熱闘!!ジャボタベック8泊9日 バタビア報告書 第二夜 »