« 鎌倉駅に佇む、183系OM102編成 | トップページ | どれだけギャフンと言うだろう? »

2009年6月29日 (月)

E31本当に最後の登板

Img_6098
所沢にて出発のときを待つE31

さて、月曜日のことになりますが(更新遅れて申し訳ありません)E31牽引の流鉄行き101系甲種輸送がありました。登校時にちょっと寄り道して1限に間に合わせるつもりでしたが、結局サボってしまいましたね・・・。まあ理由を言ったら出席扱いになったみたいなので一安心。


この日の朝といえば、西武池袋線は人身事故で大混乱。しかし甲種回送は所沢から別の線路を走るので被害を受けるはずもなく、間に合うかどうか心配でしたがギリギリ間に合った模様。まだパンタも下がったまま。しかし今回の輸送では輸送車両が2連であるとこからか、プッシュプルではなくE31は重連での牽引となっていました。そのため停車位置が微妙・・・。後ろも短いからちょうど架線柱に引っかかっていて・・・。そんなことをしていると突如271Fリバイバルカラー車がやってきてしまい、ヤラれたっ!!という感じ。人で溢れていたし、リバイバルはまた次の機会にでも。しかしどうもしっくり来なかったので、急いで新秋津に戻り、2連なら入りきると思い、沿線に先回りしてみました。今回が連絡線走るの最後かもしれませんし。まあ予想通り、所沢付近とまではいかないものの、撮影者はかなり居ましたね。最終的には沿線の住民の人もそれにつられて見物にくるほどでした。そして遠めから、甲種回送を見送り、本来の目的地へと急いだのでした。

Img_6082
後追いでもこんな感じに・・・

Img_6106
いよいよパン上げ


巷ではこの輸送がE31最後の運用と言われています。当初年度末で引退予定だったE31でしたが、263Fの事情により騙し騙しここまで延命してきましたがついに引退のときが来てしまったのかもしれません。E31の後継となる多摩湖線の101系263F営業用兼牽引電車が牽引試験をいよいよ開始していることからも、今回の輸送をもって横瀬にお蔵入り、そのまま解体という道を辿ることになるのだろうと思います。E851引退のときには盛大な引退イベントが行われましたが、事業用色の強いE31は人知れずひっそり消えていくことになるのでしょう。

Img_6114
多くの群衆に見送られながら連絡線をゆく

E31引退もさることながら、一定の基準を満たす牽引専用車を失ったことにより、牽引専用車を持たない他社私鉄がやっているように今後の甲種輸送は深夜終電後に線路封鎖して行われることも予想され、所沢~新秋津の連絡線を日中に列車が走行する姿もこれからは見られなくなるかもしれないと思うとこれまた残念です。また一つ名物列車が消えていくことになるのかもしれません。

Img_6132
新秋津構内でJR貨物のEF65にバトンタッチ

しかし263Fは多摩湖線から低運転台257Fを追いやり、ついにE31までを引退に追い込むとはかなりの憎まれ役ですね。

|

« 鎌倉駅に佇む、183系OM102編成 | トップページ | どれだけギャフンと言うだろう? »

日記」カテゴリの記事

私鉄・その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/521271/30334536

この記事へのトラックバック一覧です: E31本当に最後の登板:

« 鎌倉駅に佇む、183系OM102編成 | トップページ | どれだけギャフンと言うだろう? »