« 西武・電車フェスタ 検修場祭り2009 | トップページ | 鎌倉駅に佇む、183系OM102編成 »

2009年6月12日 (金)

東急電車時刻表を貰ってきた

Img_5945
最近秩父7000ばかり見ていましたが、こちらがオリジナルの8500

毎度おなじみ、「無料」の東急電車時刻表。一見、どう見ても有料の時刻表ですが、実は無料なのです。というか普通これだけの時刻表だったら有料ですよね。しかしここは東急様です。東上線の小冊子みたいな時刻表に金払っているのが馬鹿馬鹿しいわ。

というわけで、昨日はすでに配布開始されているその時刻表を手に入れるため、長津田へ。すると車庫に5000がじゃんじゃん寝ており、これは!!と思い、時間も少し余っていたので、ちょいと乗車してきました。こうなるのだったら、もっと早く起きれば良かった・・・。予想通り、東急車に限ると来るもの来るもの8500だらけ。最近、乗るたびに5000の嵐なので、8500ももはやここまでかっ!!と思っていましたが、動いている日は固まって動いているのですね。あるいは6ドア3両組み込みのため、一時運用を外れているものも多いのかもしれません。なんといっても組成変更が複雑で時間を要するみたいですから。どうせなら複々線工事の様子を見てこようと、溝の口まで行って来ようと思っていましたが、とりあえず田奈で降りて、しばし観察。すると発車案内LEDに回送表示がされると、こんな車両がやってきました。
Img_5943
田園都市線を行く、東横線の「5000系」

Img_5965
再び戻ってきました

いよいよ、5118Fに引き続いて5119Fも東横線に転属する模様ですね。路線帯なしで搬入されしばらく経ちましたが、ようやく運用開始です。それに向けての試運転です。既存の4ドアサハを組み込んだ部分だけ明らかに色が違うのがよくわかります。最近の東急の車両置き換えは、計画変更に計画変更で混沌を極めている感じですが、おかげで8500系が延命されるのはうれしい限りです。ここのところ、8500系というと本家よりも秩父鉄道で乗車する方が明らかに多い気が・・・。でもやはり、田園都市線を爆走している方が合っています。久しぶりに本家で乗ると、やはり秩父7000の音には違和感がありますね。まあそれは源流値を落としているからでしょう。長津田で青帯に行かれてしまい、あちゃ~と思ったのですが、すぐ後に赤帯も来るのがわかっていたので少し待っていることに。

Img_5959
逆光なので後追い・・・

その後、溝の口まで行って、MOGUPONさん用にもう一冊時刻表を貰って折り返し。開業まで1ヶ月を切り、複々線はほぼ完成しています。しかしながら、用地買収が困難なところに無理やり作ったので、効果間際まで建築物が迫っていることはさることながら、線路がウネウネ。なんだか、京阪の複々線を見ているような感じでした。最近の複々線はやれ側道を整備しろだのとか、色々と制約が多いこともありますが、ギリギリ神奈川県内に収まることからも制約を受けずになんとか完成にこぎつけたのでしょう。その分、見栄えがなんだか高度成長期の複々線みたいな感じ?でなかなかいい味を出していて、個人的にはこういう方がやたら直線でズドーンと線路を引くより好感が持てます。その点と真新しい路盤がまた妙なアンバランスさをかもし出していました。

Img_5990
工事中の複々線区間と東武30000(無理やりズームです・・・)

|

« 西武・電車フェスタ 検修場祭り2009 | トップページ | 鎌倉駅に佇む、183系OM102編成 »

日記」カテゴリの記事

私鉄・その他」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰してます。
8500系はかなり走ってますよ。
むしろ5000系に乗るほうが日中は困難なくらいです。
東急の入る運用をさらうと
09~12運行以外は90%が8500系が来ます。
間違いないですよ。

P.S. 八王子から横浜に行く時に快速桜木町行に乗ってしまいました。F駅・Y駅通過です・・・。

投稿: 某HOT東急 | 2009年7月24日 (金) 17時06分

某HOT東急様、コメントありがとうございます。お久しぶりですね。一時は5000だらけになりましたが、今はしばし安泰な感じがしますね。まあ今のうちに記録へ収めておくにこしたことはないでしょう。

投稿: エンケチ | 2009年7月27日 (月) 14時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/521271/30069485

この記事へのトラックバック一覧です: 東急電車時刻表を貰ってきた:

« 西武・電車フェスタ 検修場祭り2009 | トップページ | 鎌倉駅に佇む、183系OM102編成 »