« 横浜線100周年HM並び | トップページ | 大宮鉄道ふれあいフェア2009 »

2009年5月19日 (火)

わくわく鉄道フェスタ2009

Img_5243
今年は緑づくし!!


更新が遅れまして申し訳ありません。

今年も年に一度の広瀬川原御開帳がやってきました。昨年の国電カラー3色並びに比べると、やはり魅力に欠ける部分があります。しかし考えようによっては7000系が2本とも展示列車に入ってしまえば、地下鉄が仮に熊谷予備に入ればこれまた日中は国電パラダイス。しかも国電トリオにはHM掲出、そしてよっぽどのことが無い限り運用に入るのも事実。つまり、これはこれで楽しめるというわけなのですよ。

一足早くHM掲出がなされた1009F関西ウグイスはすでに収めているわけですから、はっきり言ってフェスタの方は完全にオマケになってしまいましたね。でも旧塗装の1002Fがおそらく倉の中で展示されると予想されることから、お目当てが無いといったわけではありませんが。まあ並びの方は今更、混雑に飛び込んで撮らなくてもいいかと。昨年は関西ウグイス以外(その関西ウグイスも昼間で熊谷でお昼寝)は必然的に地下鉄か秩父色しか走らず、時間の制約もあり返却回送を見る余裕も無かったため、熊谷〜広瀬川原の普通乗車券で済ませてしまいましたが、今年は秩父路悠々フリーきっぷを購入していざ、乗り込みです。

まずは・・・。

熊谷予備5201Fキター!!

ってことは列検も5000系疑惑!?こりゃ公算通りの展開か。電留線には7202F・1005F。寄居からの広瀬川原行きは7202Fで決まりだな。昨年1009Fだった昼出庫は1005Fみたいですね。
Img_5145
熊谷でプレ展示会

と、朝イチの広瀬川原行きに流れる103レが7201Fでやってきました。というわけで、1518レは関西ウグイス確定。どうしようかな、長瀞までお出迎えに行こうか。7000系のHM掲出はデビュー以来初。しかも7000系のHMは展示終了後オークションで売却されてしまうため、撮るなら今のうちだということで、7201F・7202Fの無理やりな並びを1枚。その後7201Fが羽生方に引き上げたそのとき、行き先表示が熊谷から広瀬川原にピコっと変わった!!凝ってますなぁ。

とりあえず時間潰しと運用捕捉がてら行ったり来たり。国電リバイバルは全て運用に入ってるわけですが、全然来ない。これはどこかに溜まっている予感。ついでに言えば地下鉄も来ない。しかし、やはり一番乗りで現れたのはオレンジバーミリオンでした。またしても。長瀞行こうかなと思っていましたが、急行券払うのも面倒だし、全く同じアングルで関西ウグイス、しかも天気はすぐれないので、やめておきました。それより7000系の広瀬川原表示を収めておきたいというのが本音ですね。昨年のことを考えると展示中はほぼ臨時状態で、仮に出すとしてもいつ出るかわからないですし。

大麻生で1009Fを捕らえて少し早めに熊谷に戻り、広瀬川原行きの入線を待つことにしましょう。しかしかなりの混雑です。去年の広瀬川原行き1本目のカナリアイエローはこんなに混んでたっけ。東急パワー恐るべしってとこでしょうか。子供の数もいつにも増して多いですね。車内LEDにも各停広瀬川原行きの表示が出ました。各停じゃ無いのですけどね。何故臨時をそこまでして入れなかったのか?広瀬川原行きなんか出すくせに、ねぇ。前面表示は例のごとくラミネートですよ。ラミネート臨時も、もう見慣れた感です。
Img_5175
各停広瀬川原行き!!

ひろせ野鳥の森の先で転線し、まもなく広瀬川原駅に到着です。まだ車両展示は始まらないですし、1002F秩鉄リバイバルは逃げも隠れもしませんし、場所的に閑散としてると思われるので、ちょっくら部品販売の列に並んでみましょう。あ、列検は地下鉄5000系(車番不明)でした!!部品販売でのジャンク品販売はありません!!というオタ対策掲示も気になりましたし。部品販売なんて全部ジャンク品ではないのか?まあ予想通り、1004F・1006F関連のものは少なく、微妙なものばかりでしたが。シートと扇風機に期待してたのですがねぇ。でも販売されてるのはどうみてもジャンク品ですよ。
Img_5190
駅舎入り口にあった御花畑の駅名板も売られてしまったか・・・。ってことは今後は永遠にクソな芝桜駅・・・。

Img_5202
どうも縁の無い、1012Fカナリアイエロー

ひろせ野鳥の森10:54発の三峰口行きがカナリアイエローでしたので、部品の列の進みが遅く間に合わないのではと案じていましたが、ギリギリ間に合いました。というわけで一時フェスタ会場を後にし野上へ。まだこの時間でもひろせ野鳥の森ではドヤドヤと下車客が流れ出てきます。スカイブルーの捕捉がまだでしたが、ようやくお出まし。通常熊谷止の24レですがフェスタ開催により車両交換が出来ないので羽生行きです。熊谷止で寝に入ってしまわれても困りますし。

さて野上。カナリアイエロー×オレンジバーミリオン並びです。明らかに先に羽生行きが入るダイヤでしたので、降りる前に行かれてしまうのではとヒヤヒヤもんでしたがこれもギリギリ間に合いました。無理やり並びですがね。1本前に間に合ってれば踏切が狙えたのだけどなぁ・・・。
Img_5209
野上にて南武線並び


この時間、上り列車が続行してるので、しばし待合室でくつろいで再びひろせ野鳥の森に戻ります。現時点では地下鉄回避率100%。またしても国電1000系でした。大麻生で1001Fとすれ違って、再びひろせ野鳥の森。会場内は先ほどに増して混雑しているように見えましたが、ひろせ野鳥の森ホームもすでに帰宅客でごった返しておりました。


広瀬川原に向けて、土手を歩いて行くと・・・・、7202Fに上長瀞表示!?


こりゃ急げ!!ということで、当初は度外視していた展示車両撮影会へと足早に進みました。今度は7201Fが急行石原に・・・。今まで、芸がねぇな〜と思っていた7000系ですが、実は隠し技(?)を持っていた模様。どうやら全駅出せるっぽいですね。だったら何故、ワンマンや臨時を出せないのだ!!種別枠は各停で固定と思いきや、急行が出せるということで急行代走に入ることも無きにしも非ず。7201Fがフォグランプ点灯で急行入らないかなぁと妄想してしまいます(片側は撤去されてしまっているのか?)。
Img_5269
準急秩父と急行御花畑というあり得ない並びが・・・

車両展示撮影会も一段落し、いよいよ秩鉄リバイバルカラー第一段とご対面。会場パンフレットには「何が見えるかはお楽しみ!!」とかいういかにもパレオ好みな文句が書かれてましたが、まあ旧塗装ですよ。事前のパンフレットには何も書かれていなかっただけに、サプライズ企画なのか計画変更なのか・・・。1002Fは元々、6月で検査切れでしたが表記を見ると前倒しで入場し、すでに5月出場ということになっていて、24年の5月で検査切れとなっていました。6月上旬デビューと告知されていましたが、どうなるのでしょうか。
Img_5303
ついにベールを脱いだ秩鉄リバイバル1002F


実際は1000系には施されてはいなかったこの100形タイプの旧塗装ですが、なかなか似合っています。シックで落ち着いた雰囲気が良いですね。それに比べて秩鉄リバイバル第二段は・・・。

その後、もうやることが無くなったのでオレンジバーミリオン・カナリアイエローが連続で上ってくるので、武川に向かいます。というわけで広瀬川原とは来年までさよならです。来年は何が展示されるのでしょうか。
Img_5329
1011F再び

Img_5335
続いて1012F


カナリアイエローでそのまま羽生へ。先行して広瀬川原発羽生行きの臨時が出ていて、この後にも2本目の臨時が入るのでかなりの高頻度運転になっています。通常は広瀬川原発熊谷行きの送り込み回送なわけですが、羽生までスジはあるのですね。帰りも熊谷行きで良さそうですが、そこはファンサービスなのでしょうか。羽生に着くと、臨時普通7202Fの折り返し回送が5番線に居ました。一般車の羽生2線使用はなかなかレアといったところでしょうか。私も初めての光景でした。すぐに回送は発車し、熊谷から折り返し112レで夕方運用に入るべく熊谷へ向かいます。1012Fが発車待ちをしている間に1009Fの臨時普通が到着。大半が熊谷で降りてしまうようでガラガラでした。入れ替わるように1012Fが発車。残念ながらホーム長の関係で並びは収めることが、出来ません。
Img_5345
今年の主役登場!!


Img_5348
近代的な羽生駅だと、ここはどこ?って感じです


とりあえず、波久礼へ影森行き臨時普通の返却回送を撮りに行く予定でしたが、まだ時間があるので、どうせなら花めぐりスタンプを全部揃えようということで、先ほど羽生も押してきたついでに行田市へ。行田市で待っていると踏切が1009Fの回送がやってきました。私はその回送と行き違う羽生行きで武州荒木へ。展示列車から営業列車に様変わりした7202Fです。HM売却がなければおそらく掲出されたままだっただろうに・・・。武州荒木へ戻るというのも後続がスカイブルーなのでおあつらえ向きにも右側通行になっている武州荒木で待ち構えます。あいにくのどんよりとした空模様で、明らかに光量不足ですが仕方ありません。曇りというのは逆光になるよりかはマシですが、やはり嫌ですね。気分も乗らないというものです。で、やってきたスカイブルー。・・・。甲種のときみたいに晴れてればなぁ。日の長いこの季節、時間的にもまだまだ十分なはずなんだけど(もしかして逆光か?)。再び戻ってきた7202Fでひたすら波久礼を目指します。
Img_5371
武州荒木に停車中、1001F

結局、今日もクソ地下鉄オール回避したわけですが、2本しか居ない7000系にはこれまでもちょくちょく乗っているのに地下鉄がここまで来ないというのも、ちょっと今後が恐ろしいですね。いつか奴らの反撃食らいますよ。で、波久礼到着。すでに7201Fの回送列車は停車していました。7000系集結です。
Img_5380
・・・・・


急いで改札を抜け、踏切へ。別に7000が好きなわけじゃないですよ。リバイバルもほとんど寝に入ってしまったし、やることないし。
Img_5386
やはり山の中だと似合うこのカラー

Img_5393
なんとなく逆サイドから


最後は1003Fで締めくくり。三峰方面からの行楽客でごった返してしました。


なお、本日も貨物運休。耳にしたところだと、22日まで運休とか。定かではありませんが、もしそうだったらもう秩父の貨物はかなりヤバイ状況にまで追い込まれているということでしょう。次回の秩父は6月中旬頃、リバイバル狙いですかね。

|

« 横浜線100周年HM並び | トップページ | 大宮鉄道ふれあいフェア2009 »

国鉄・JR電車」カテゴリの記事

私鉄・その他」カテゴリの記事

遠征記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/521271/29688479

この記事へのトラックバック一覧です: わくわく鉄道フェスタ2009:

« 横浜線100周年HM並び | トップページ | 大宮鉄道ふれあいフェア2009 »