« 春の秩父路祭り第四弾〜デキで攻める(?)秩父鉄道〜 | トップページ | 遅ればせながら、祝!!阪神なんば線開業!! »

2009年4月 1日 (水)

春の秩父路祭り第二弾〜大手私鉄最後の電機E31、線内甲種に最後!?の登板〜

Img_1862
夕日を浴びて出発のときを待つ


第一弾からの続き原稿です。秩父鉄道1006Fに別れを告げ、仲見世通りを抜け、西武で横瀬へ。そこには今朝の倉脇から移動し、パン下げして、出発のときを待つE31・E34の姿が。

西武鉄道の甲種輸送といえば毎度おなじみE31。国鉄80系の唸りを響かせ年に数度の仕業をこなしてきましたが、昨年には多摩湖線に唯一残った101系低運転台編成を置き換えるかたちで、新101系改造の営業用兼、車両牽引も可能なオールMハイパワー車、263Fがデビューし、E31もこの牽引電車に取って代わられると思われていましたが、263Fが法規上なにかと問題があり、路線営業時間中での車両牽引が行えない模様で、結果、奇跡的にE31は今年の活躍を続けています。しかしE31が老朽化し、交換部品ももはや在庫が無いのも事実であり、この活躍もいつまで続くかはわかりません。ロボペン様からのお誘いも受け、今回は秩父鉄道の世代交代劇と並行して、本格的に3日間に及ぶ追っかけを敢行することとなりました。

3/23(月)

前述の通り、夕暮れの横瀬からスタートです。しばし寒空の下、ホームで待ち伏せです。と、なにやら小型ディーゼルが動き出しました。そしたら庫外に出ていた5000系レッドアローと351系の保存車両を引っぱってきて、倉の中へ押し込んでいきました。E31とは全く関係ありませんが、こんなものが見れてラッキーでした。

3
突如レッドアローが動き出す!?

8
今度は351系
1時間待たないくらいで詰め所から青いパーカーを着た西武の職員が出てきました、いよいよです。まず、機関士はE31に乗り込みパン上げ、始動。一旦降りて、次は次位のE34へ乗り込み、同様の作業が行われました。そしてしばらくは点検等が行われ、もう一人職員がやってくるといよいよ入れ換えが始まります。一冬秩父のねぐらに籠っていたE31が任務を受け、いよいよ山を下る!!

Img_1872
機関士が乗り込みいよいよ始動


Img_1881
パン上げも終了し準備万端


Img_1896
ついに動き出したE31


それとほぼ同時にやってきた飯能行き4000系で芦ケ久保に先回りします。秩父フリーきっぷを最大限に生かしての芦ケ久保下車。といっても駅舎の写真を撮っただけですが。でも、ほんと長閑でいいですね。
ホームに戻り、先端で待ち構えましたが・・・。待てど暮らせど、来ない・・・。入れ換えはしたのだから、来てもおかしくないのだが。しかしまもなく、日没。バイトのタイムリミットも迫っていることからここは撤収。ロボペン様も同じ列車で戻りました。あまりの寒さで、4000系のトイレに直行しました。あとからわかったのですが、E31は、私たちの乗った列車の少し後を追いかけてきていたようです。まあどうせもう外は真っ暗ですから。今日のところは諦めましょう。入れ換えがみれたのだから、満足です。
この日はE31も横瀬から武蔵丘までの送り込みで終了です。

3/24(火)

2日目。本日がこの3日間のE31仕業の本命といえる、甲種輸送の牽引日です。しかし、輸送は夜なので私は見れませんが。とりあえず、今日も重連E31、通称御神輿を堪能することとしましょう。昼前に飯能に到着し、ロボペン様と飯能駅前の「まるひろ」へ行き、かつての大衆食堂の雰囲気を残すレストランマーガレットへ。昼食を済まし、駅に戻りしばらく待ち伏せです。しかし今日も寒いです。かれこれ1時間以上まったでしょうか。突如、E31が姿を現しました。スジ的には特急の約30分後のところに入っているという感じです。
Img_1969
機関士たちが西武秩父行きに乗り込む


9
格好良い、スカートなし&前パン


飯能ではスイッチバックのため、しばしの停車があるためにその間に元加治へ移動。着いたときには撮影者の姿もほとんどなく場所取り出来ました。E31再びの登場です。ここでは結構飛ばして通過してゆきました。私たちも続行で追いかけます。E31は仏子中線で待避をするのでその隙に、稲荷山公園に先回り。なんとかレッドアローとの被りを回避しました。この先は、後続の後ろがレッドアローで、レッドアローにうちらが抜かれてしまうためにもうE31には追いつけません。が、所沢〜秋津間での並走が実現しました。E31はそのままJR新秋津構内の授受線に向かい逗子の東急車両からやってくる2093Fを引き取りに行くのです。本日の追いかけはこれにて終了ですが、帰り際、西国分寺でこの後E31が西武線内を牽引する西武2093F更新後の甲種輸送を撮ってきましたが、上り貨物と被り、光線状態の悪さと重なり悲惨な状態に・・・。まあいいや。なお、JR線内の牽引はEF65-1101でした。

1_2
E31現る


7_2
元加治にて


2_2
稲荷山公園にて


5
ご覧のザマです・・・


Img_2019
2093F後追い


3/25(水)

最終日です。この日はいい加減、家でゆっくり寝ているつもりでしたが、結局出撃。しかしこの3日間で最終日が一番アツく、行って正解でした。前日より、少し早めに出て、とりあえず航空公園に向かったのですが、まさかの早スジ。着く寸前に御神輿部隊と行き違い………。


くそっ。


しかしある意味ちょうど良いときに来ました。あと少し遅かったら航空公園で待ちぼうけ………。早スジなら早スジでやってやろうじゃないかっ!!E31の山上げです。

Img_2033
最終日、横瀬までの旅路が始まる


速攻で後続に乗り込み追いかけ開始。やってしまいましたなぁ!!所沢で追いつきましたが、すぐに発車しそうなので池袋線にダッシュし、小手指へ。E31は直後を追いかけてきましたが、ここで再び待避。狭山ケ丘へ先行し、ここでも一発。再び追いかけを開始。しかし、今回は仏子待避も無く、飯能まで追いつきませんでした。飯能の折り返し時間の間に売店で昼食を購入し、4000系のボックスシートで食べて東吾野へ。いかにも山の駅というこの東吾野でE31が撮れるとはね。本当に来てよかった。この日の秩父路はあいにくの雨模様となりましたが、しばらくして止みました。

Img_2069
露出失敗


Img_2088
お山の駅で小休止

さらに後続の普通列車で隣の吾野へ行き、E31の停車時間を利用して撮影会。ここはかなり撮影者の方が居ましたが、ほとんどが自家用車利用で残念ですね。吾野では再び普通列車が先発。これで、芦ケ久保へ行きます。ついに戻ってきてしまいました。リベンジオブ芦ケ久保!!ここでは完全なるプライベート撮影会と化してしまいました。そしてさらに後続の普通列車で横瀬へ先行。本当にE31はゆったり走ります。本数が少ない秩父線でも単線で毎時普通2本と特急1本が上下それぞれ走るわけですから、速度の違うこのような臨時スジを入れるのさぞかし大変なことなのと思われます。


Img_2123
レッドアローと行き違い


いよいよ終着地、横瀬へ。まさかここまで来ることになるとは。

Img_2137
終着の地、横瀬へ


Img_2155
解体待ちの301系を脇目にお蔵入り

ついに3日間追いかけ続けたE31ともお別れのとき。予定より若干早くやってきました。最後の力走といったところでしょうか。ホームには入らず、そのまま側線へ。そして倉の中へ。年に数度のお仕事をこなしに、秩父の山から都会へ下りてきた御神輿も再び、秩父の寝倉へと帰っていった………。3日間ありがとうE31。果たして再び、起動することはあるのでしょうか。E31、また会う日まで。

今日はバイトが早番だったので、改札を出て急いで特急券を購入しとんぼ返りしました。こうして3日間の追っかけ記録は幕を閉じました。明日からは再び秩父鉄道!!

|

« 春の秩父路祭り第四弾〜デキで攻める(?)秩父鉄道〜 | トップページ | 遅ればせながら、祝!!阪神なんば線開業!! »

国鉄・JR電車」カテゴリの記事

私鉄・その他」カテゴリの記事

遠征記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/521271/28895987

この記事へのトラックバック一覧です: 春の秩父路祭り第二弾〜大手私鉄最後の電機E31、線内甲種に最後!?の登板〜:

« 春の秩父路祭り第四弾〜デキで攻める(?)秩父鉄道〜 | トップページ | 遅ればせながら、祝!!阪神なんば線開業!! »