« レトロ八ヶ岳牽引機返却 | トップページ | 芝桜2009秩父鉄道&西武秩父線〜土休日編〜 »

2009年4月27日 (月)

芝桜2009秩父鉄道~平日編~

Img_3853
石原の通過線をゆく6203F(ローマ字バージョンHM)

先週木曜日4/23の記事になります。


芝桜と言っても、平日には臨時もないわけで格段変わったこともない秩父鉄道です。急行にHMが出ているくらいです。そもそも秩父路悠々が平日発売になるからこそ出来る芸当なわけですが。今回の秩父訪問は次の日曜日(やっと休みが取れた!!)に本番をやる予定なので、それの下見がてらといったところです。

今回はほとんど寝ずに、久しぶりの始発出発を行いました。というわけで、熊谷から1509レでスタートです。と、またしても熊谷の留置位置が不自然・・・。しかも地下鉄が2本並んでる。急行予備?だったら良いのですが、この芝桜シーズン、そんなことはありません。一番手前にも地下鉄が寝てまして、その裏に6000系は隠されておりました。
Img_3838
・・・・・


しかし一番手前の5203Fときたら、パン下げしてますが。さらに車止めまで挿していて当分動く気配なし。こんなの初めてです。しかし最近はどうも熊谷の配置が定位置徹底!!されておらず、困ります(泣)。また予備が2本居ることも多く、この思わせぶりな配置に毎度悩まされてしまいます。いい加減いつも先延ばしになっている熊谷トリックの解明をするか。とりあえず、1509レ




5202F !!

Img_3844
春のクソ地下鉄祭り!?


朝だけ運用の可能性もある14レをお迎えに明戸へ。途中、大麻生で早速1011Fオレンジバーミリオンを喰らいましたね。やはりこいつは動いているのか。武川まで行くと乗り継げない可能性があるので明戸で下車。まあ明戸ではロクな写真撮れませんが、やってきたのは7202F。ちょうど良かった。このまま熊谷に戻りますが、何せ6番線すぐ横に地下鉄が寝ていますから、7202Fがどう引き上げるのかが見物。石原で1009F関西ウグイスとの行き違い、急行待避の二重交換。で、いよいよ熊谷です。やはり地下鉄の位置は変わらず、とりあえず到着後この編成は引き上げ、5203Fと縦列する形になりましたがそれ以上は動けません。もう一度6番線を通過させれば広瀬にも戻せますがね。この後、9:12着の熊谷止があるのでそれまでには何らかの動きがあると思われますが。しかし熊谷トリックをやると言いつつ、先ほどウグイスとオレンジを見てしまったがために運用を出すとこりゃ武州日野で並ぶじゃないかっ!!というわけで、今月号のRMに触発されたが如く、熊谷は早々とおさらばし1005Fで一路武州日野へ先回り。広瀬が操業時間を迎え、倉の戸が開かれ1012Fカナリアイエローが顔を出していました。それから秩父色の1000系も一番奥の倉に入っていました。秩鉄リバイバル化でしょうか。確か、夏前に期限切れする編成があったと思うので全検と同じくリバイバル化すると思われます。7000系の増備はまだ行われませんし。1000系最後の全検出場となるのでしょうか。国鉄リバイバル編成は登場時期の関係で期日の短い編成もあり、明らかに最後まで残るのは秩父色だなと思ってましたが、旧秩父色リバイバルで最後の締めくくりときましたか。なるほど、ご納得。1006Fはすでに無架線ゾーンにあり、すでに解体が始まっておりました。離脱後しばらく放置された1004Fと裏腹にすぐに解体された1006F。あとわずかで満50年を迎えられなかったことは本当に無念でなりません。おそらく1004Fは1006Fと連続で解体すべく1006F離脱を待つために放置されていたということでしょう。


熊谷止後続の羽生行きが7201Fで7000系連投であったので、24レ以外これからすれ違う列車はすべて国電1000系!!しかも24レが熊谷留置又は広瀬入庫してしまえば、昼下がりの秩父路は国電パラダイス(7000が1本を除いて)!!残すところ10本となり、国電:ステンレス比は10:6と明らかに勢力を失っている国電ですがまだまだ健在ぶりを見せつけられました。しかも、ここ最近秩父へ頻繁に通うようになり、運用の傾向を見てみるとどうも地下鉄が寝る日はまとめて寝て、動く日は全部動くといったような感じがある(出場6連の関係?)ので、考えようによっては1000系祭りに当たれば国電リバイバル率は上がるというわけです。確かに前々からハズレの日はこてんぱんに地下鉄にヤラれ、当たり日は続々国電がやってくるということは気になっていました。よりによって、秩父フリーきっぷの日にハズレ日だったらそりゃもう諦めるしかなかったですから。


桜沢での各停・急行2本交換で1001Fスカイブルー登場!!広瀬にも熊谷にも居なければ動いているわけですが。いよいよ武州日野です。改札外に出るのは初めてかもしれません。気持ちよく晴れた空に新緑の緑が映え、ちょうど順光で文句無し。安物デジカメではさすがにRMの位置からは狙えませんのでちょっと角度を変えて。上りが先に来ますようにっ!!


おっ、やってきました、1009F。緑に染まる秩父の山々をバックにウグイス色がよく似合います。なんか、最近ようやく関西ウグイスにもよく当たるようになってきたな。スカイブルーもようやく調子が良くなってきたみたいだし。こうなってくるとカナリアイエローとの遭遇率が極めて低いことになってきました‥‥。広瀬で倉から顔を出していたカナリア、午後出庫車掌レで出て来るだろうか。とりあえずお目当ては完了し、急行の通過を待ち、白久カーブへ移動。移動列車は7201Fでした。7000系の色はどうもしっくり来た感じがありませんでしたが、こうして山の中で見てみると結構似合っているなあと思えましたね。
Img_4181
大自然の中で並ぶ1011F・1009F(天王寺並び?)

Img_3923
山登りしてきた7201F(つばさラッピング)

Img_3935
白久カーブをゆく1011F


1008Fで三峰口へ。折り返し1005Fで戻ります。ヤマ線区間で色々遊んでいても良かったのですが、熊谷の思わせぶり配置にやられてしまい、熊谷まで戻ることに。
Img_4183
「各停」で熊谷往復・・・



ちょうど午後の車掌レに間に合いますし。秩父フリーならば熊谷の光景に騙されることもなく、必然的に野上〜三峰口間で色々と遊べるわけです。しかしながら、前述の通りハズレの日に当たってしまったら‥‥。一概に秩父路悠々と秩父フリー、どちらが良いかとは言えないということです。私的には秩父漫遊と秩父悠々が合体、さらには西武観光バス三峰急行線に乗車可能な秩父フリーDXの発売を強く熱望するわけです。これこそが、秩父観光活性化の起爆剤に!!ならないか‥‥。おやおや、パレオが平日スジてやってきましたよ。ツア−か何かの貸し切りのようです。
Img_4012
戻ってきた1001F皆野にて




5202F・5203Fは広瀬に戻っていました。5203Fは倉の中に入っており、検査の様子。で、熊谷着。そこには!!

Img_4028
前にもこの並び見ましたね・・・。


1012Fカナリアイエロー!!しかもこれ、寄居シャトルからそのまま流れましたね。7202Fは朝5203Fが居たところへ移動していました。その他予備編成に変わりはなし。これだったら三峰方で遊んでいればよかったかも。まあそれだと運用詳細は不明の部分もでてしまいますが。で、カナリアイエローで再び三峰口を目指します。というのも、このまま行くと、三峰口にリバイバルカラー3本集結!?並ぶかどうかの保証は無いですが。鉄道友の会御一行様の再現なるか。またもパレオとは秩父交換で写真は撮れませんでした。SLは興味の外だし、まいっか。


このまま行くと武州日野で関西ウグイスと交換だったのですが、いい加減腹が減ったので空腹に負けて御花畑で降りてしまいました。もちろん秩父そばの天ぷらそば350円です。後続のオレンジバーミリオン(ホントいつもコイツばっか・・・)で再度三峰口を目指します。さぁ疑惑の三峰口。スカイブルーはどの番線に居る!?



ダメでした。




まだ1001Fは0番線(洗浄線)から移動しておらず、しかもこの1011Fが3番に入りやがった!!せいぜい2番に入ってくれよ・・・。しかしまだ希望は捨てきれません。1番線のカナリアイエロー発車前にスカイブルーが2番に入れば!!

Img_4060
逆光だし、間隔開いてるし・・・




しかしいっこうに動く気配なし。しょうがないので駅から出て踏切から狙ってみる。


Img_4100
とりあえず・・・。3本居ますよ的な・・・。



そのままカナリアの発車を待ちました。1012F通過後すぐに1001F入れ替えが行われました。なんか腑に落ちないので、せっかくだから順光の1003Fを狙って撤退。なんかこうしてみるとリバイバルには乗っているが良い写真が無いな・・・。1006Fを狙いすぎたか・・・。しばらくは安泰期だし、次回7000投入での離脱は検査期日からして国電リバイバルとなる可能性もあるので、リバイバルカラーをもう少し撮りだめしておきたいものです。

Img_4127
初心に戻り秩父色1003F



1001Fで熊谷に戻ります。今からでは夕方出庫運用には間に合いませんが、5202Fというのが目に見えていたので、今日は行きませんでした。通勤快速&むさしの号で帰宅。
Img_4164
永田でまたこの組み合わせ・・・

Img_4195
むさしの号代走(といってもスカ色ですが・・・)+なかなかしぶといウラ80





土休日編に続く

|

« レトロ八ヶ岳牽引機返却 | トップページ | 芝桜2009秩父鉄道&西武秩父線〜土休日編〜 »

国鉄・JR電車」カテゴリの記事

私鉄・その他」カテゴリの記事

遠征記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/521271/29266916

この記事へのトラックバック一覧です: 芝桜2009秩父鉄道~平日編~:

« レトロ八ヶ岳牽引機返却 | トップページ | 芝桜2009秩父鉄道&西武秩父線〜土休日編〜 »