« しなの鉄道の計らい | トップページ | 新101系三岐鉄道譲渡 »

2008年9月29日 (月)

JR東海完乗への道(3)

おまたせしました。最近また忙しいです。

4:57、西小坂井駅下車。

いつもならここから急激に眠気に襲われる区間ですが、今日はここから歩く!!今回はここまでに熟睡したから大丈夫です。というのも、西小坂井駅から名鉄の伊奈駅まで歩くのです。たかが、1kmもないくらいですからね。しかし早朝の散歩というのは目が覚めていいや。雨が気になりますが、小雨なのでまあ良いとしましょう。

さて、今回我々はムーンライトながらをこんな所で乗り捨てましたが、そのムーンライトながらですが、廃止後はおそらく豊橋以西はおそらく残ることになるでしょう。というのも、現在のムーンライトながらは、JRが始発列車1本分の運用をケチるために豊橋から各駅に停車し、3月改正からは全車が自由席になっています。豊橋以遠では名古屋地区始発列車の役割をも担っている訳です。だから、ムーンライトながらを廃止となると、豊橋からの始発列車への送り込みはどうなるのでしょう。それでなくとも車両運用がギリギリの名古屋地区の東海道線ですから。まあ、最悪2連っていう手もありますしね。あるいは117系とでもなるのでしょうかねえ。あとは上り列車をどうするのかによっても変わるでしょう。上りながらは蒲郡〜豊橋間は一般列車の終電後となるのでどうなるか怪しいですね。そもそも全車指定ですから一般利用はあまり考慮されていません。それでも、名古屋から510円徴収承知で結構帰宅客が乗って来たりしますから、もしかするとボったくりライナーみたいなので残るのでしょうかね。そうなれば、朝も373系のまま残りそうな気もしますが、いずれにせよ9連ってことはないので、せっかくながら対策で9連用で作った野田新町の長いホームも過去の遺物となってしまうのです。また、どう考えても利用者が居るように思えない、ホームライナー豊橋2号も廃止でしょう。

そんなことを考えて歩いて行くうちに、伊奈駅に到着。引上線みたいなところにパノラマカーが放置されてましたが、これがこれから乗るパノラマカーなのでしょうか?伊奈の電留線には朝ラッシュに備えて、ズラリと車両が並べられ、灯を点し、出番を待っている様子。大いびきをかいて、寝こけているJR東海とは大違いです。

今回伊奈まで歩いたのにはわけがあります。別に豊橋経由でもパノラマカーには間に合ったのですよ。ですがね、豊橋乗り換えでは約2時間も列車の来ないホームで待ちぼうけしてしまうのです!!ま、実質ながらが50分近く停車しているので1時間待ちですみますが、今更豊橋ではとにかくつまらないですから。名鉄は東海との取り決めで豊橋への乗り入れが制限されてます。ほんと、東海の嫌がらせというのも陰湿なものです。1駅先の伊奈からは始発列車がじゃんじゃん出てるのです。というわけで、伊奈へ先回りしたわけです。

と、いうわけですが、5:30発の始発は特急なので美合を通過してしまうので、やりすごし37発の快速急行です。8連ですが、ガラガラ。ロングシート一般車です。ロングシートながら、ドア横は補助椅子になってるし、やっぱつり革は屋根からそのまんま出てるし、名古屋は不思議な所です。隣には赤いミュースカイが止まってました。これの一般車って、上飯田式のクロスシートなんですね。名鉄に関してはほんと無知なのです。さてこの快速急行ですが、一般車でも速度表示やってくれるのですね。しかもみるみる速度は上がり、120km/hに。一般車が120km/h出すとは知りませんでした。名鉄ってかなり速度水準高いんじゃん。

01





120km運転中



ミューとか、最近の新車でも速度表示やってくれているのでしょうか。そうこうしているうちに美合です。パノラマは本宿に止まってました。すると実合の副本線にも回送が止まっていて、パノラマの6:24発は本線から発車のようなのであまり停車時間はなさそうです。回送はそのうち出て行きました。通常副本線は営業列車は入らないみたいですね。ここで結局30分待ちになるのですが、電車がじゃんじゃん来るのであっという間でした。

いよいよパノラマカーが入線です。3分前くらいには来ましたね。同業者がいると思いきや、以外や以外。いませんでした。しかし展望席を狙う、サラリーマンの姿が。小雨のなか、屋根のないホーム先端でわざわざ待っている人が2名程いました。が、先発の快速急行の運転席直後のかぶりつきクロスに乗って行きました。あそこが、埋まってたらパノラマに乗るつもりだったのかな・・・。 

02







お目当てがいよいよ登場!!

03






展望席


04_2





銘板


で、計画通り、最前列の展望座席を確保出来、快適な旅が約束されました。パノラマカーに乗るならやっぱパノラマ楽しまないとね。そしてこれが最初で最後のパノラマカーの思い出になるのでしょう。車内にはいるとなんとなく懐かしい感じ。特に展望席部分はNSEを彷佛させましたね。それもそのはず、同じ日車製で、パノラマカーを真似て小田急がNSEを作ったのですから。しかし、後がまの3100形NSEの方はとっくに引退。せめてドアが自動なら後少しは残ったかも知れないが・・・。それに比べてパノラマカーはついこの前まで当たり前のように走っていたのだからすごいです。しかしながら、最近の名鉄はミュースカイのようなつまらない特急車を作り出し(別に空港専用なら良いが、本線特急用もこれにするとはいかがなものか)、しかも比較的新しいパノラマスーパーや、99年デビューの1600系の一部まで廃車するとは・・・。とにかく、当時これだけの車両を作る技術があったというのに、今の日本の車両はどうなってしまったのでしょうということです。もっと趣向を凝らした新型車両を望みたいところです。

停車する度にそれなりの乗車があり、すぐに展望室は埋まりました。そのうち立ち客も展望室まで流れ込むようになってきました。途中駅からの利用者からしてみればまったく迷惑な列車です。しかし特急運用なきあとも、そいのままの形で一般列車に堂々と使っていた名鉄も凄いですよ。とりあえず、この列車は最ピークからは外してありますけどね。しかしこの列車、今となっては唯一優等運用の前面展望を楽しめる貴重な列車なのです。もうずっと、前面展望に夢中になってました。これに普通運賃だけで乗れるのですから、通勤客も幸せだよなあ。先行列車が遅れているようで、ノロノロ運転になり金山到着時点で3、4分遅れとなりました。そしたら金山で隣の列の最前列がちょうど空いたのですが、そこをめがけてようやく同業者が乗り込んで来ました。始発から乗ればいいのに・・・。名古屋で通学の中学生が同業者の回しているビデオを横切り、窓側席に凄い勢いで乱入。毎日展望を確保しているのでしょうか。しばらくすると急カーブで犬山線に入って行きます。それにしても金山からのボトルネック区間はものすごい間隔ですれ違い前面展望の迫力満点でした。元々停車駅の多い犬山線の急行ですが、この列車はさらに下小田居・中小田井にも停車し、上小田井までで通過したのは東枇杷島だけ。これはこの時間帯、普通は地下鉄経由ばかりで地上線は地上線で急行ばかりなので、それの補完のようです。新鵜沼までもあとわずか。快適だと時間はあっという間に過ぎてしまうものです。後ろを振り返ると車内は学生だらけになってましたが、江南でそれらが降りてしまうと一気にガラガラに。気付くと同業者が若干増えてましたね。犬山遊園のまもなく廃止のモノレールを横目に、まもなく新鵜沼到着です。結果的に同業者は5人くらいで、到着後撮影していると皆どこかに行ってしまいましたね。

05







今回の最高速度

06






さよならパノラマカー









これから富山を目指します。

つづく

そのうちに、       ね。

|

« しなの鉄道の計らい | トップページ | 新101系三岐鉄道譲渡 »

私鉄・その他」カテゴリの記事

遠征記」カテゴリの記事

コメント

下りながらの豊橋~大垣間は確実に普通列車として残るでしょうね。形式がどうなるかはわかりませんが。上りは夕方の快速系10分毎の時間帯を30分延長して1本増発して送り込むかもしれません。

あとは伊奈路の送り込みがどうなるかだよなぁ。

投稿: MOGUPON | 2008年9月29日 (月) 22時38分

エンケチ様が乗られたパノラマカーですが,
展望車の座席からするとそれは元特急専用車ですね。1編成しか残ってないのでかなり貴重ですよ。

投稿: 専務 | 2008年10月 7日 (火) 16時00分

MOGPON様、コメントありがとうございます。そうですね。伊那路の373とふじかわの373が完全に分離してしまいます。少なくとも関ヶ原越えの373は消えるでしょうね。

投稿: エンケチ | 2008年10月 9日 (木) 12時10分

専務様、はじめまして。コメントありがとうございます。そうだったのですか。全く知らずに乗っていました。下調べはしないといけませんね。ご指摘ありがとうございます。

投稿: エンケチ | 2008年10月 9日 (木) 12時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/521271/23807378

この記事へのトラックバック一覧です: JR東海完乗への道(3):

» 豊橋グランドホテル [温泉 日帰り温泉のクチコミ]
愛知県 豊橋 豊橋グランドホテルに 実際に宿泊されたお客様の声です。 どんな感じか、早速 愛知県 豊橋 豊橋グランドホテルを見る!! [続きを読む]

受信: 2008年9月29日 (月) 20時19分

« しなの鉄道の計らい | トップページ | 新101系三岐鉄道譲渡 »