« 四国&九州リベンジ(×5)特別編 キハ58/28/65最後の春!!第二夜 | トップページ | まだまだ現役東武顔 »

2008年4月29日 (火)

関鉄春の陣


先日のことですが、バイトの就労時間がヤバいことになったためこれ以上シフト入れないという事態で、そして日曜日なのにシフトが後半だけ、しかも18時から!!ということに土曜の深夜(日曜の未明?)究極なりまして………。

どうせ家にいても寝てるだけなので、だったら寝不足だろうがなんだろうがどっか行こう!!的なことになり行ってきました。 貴重な普段の土日の休日。行くなら夏休みとかでも土日しか一日乗車券を発売しないケチん坊、関鉄ですね。 とにかく何も計画してないので行き当たりばっ旅です。本当に関鉄に行くのかどうかも定かじゃないですし。 とりあえず5時半に起きて駅でホリデーパスを購入。八王子6時22発に特快があるみたいなので中央経由を選択。ホリデー快速むさしので大宮に向かい[時代](もはや祭りか?)を見ても良かったのですが、かつてのGWに見たしもういいですね。それよりエアポート常磐を見ましょう。てなわけで大人しく神田へ。神田〜上野〜我孫子と進んで行きます。我孫子でエアポートまでまだ時間があったので、取手まで往復。我孫子で待ちぼうけしてる間に旧型がいってしまったら嫌ですから。 が、 Y・Y 戦意喪失。 我孫子へ戻ります。前回までの運転日もそうでしたがエアポート常磐には特急マーク装着編成がいつも充当されているので、今日も同じ編成でしょう。ポスターにも特急マーク編成が写っています。 ATOSが入ってるくせにピコピコは「JR」を表示していて、かなり格下の臨時ですね………。駅員も乗るな!!と言わんばかりに何も案内しません。すぐ前後に快速がありますしね。しかし先発の快速電車に乗らない人がそれなりに………。何だ?こいつら。でも一般人にしか見えないぞ。 エアポート常磐2号入線です。上野側に特急マークが付いてました。同業者は子供がチラホラいる程度。車内はガラガラ。明らかに海外旅行帰りの人はいません。関鉄春の陣

↑OM101編成(確か)のエアポート常磐

停車時間は30秒程度で車中から出てきて撮るのはかなりギリギリですが、また子供が出てきました。結局、前の快速電車に乗らなかった人は乗りませんでした。この時間、成田行きは上野からの直通なので反対のホームからですが………。てか目の前に止まってますよ、切り離された5両が。

私は謎のリテールネット弥生軒のそば屋ですぐに朝食を済ませ取手へ。これでYしか止まってなかったら竜ヶ崎(今日は旧型が動いているはず)行ってその後は千葉方向にでも抜けると決めていました。

が、こういうときに限って来るのですね。キハ0系が停車していました。そんなわけでケチん坊に1500円払いました。

キハ0系というのは国鉄キハ10などの機関を流用し、車体更新した車両と解説されていますが、結局換装されたのでもはやキハ10がどうのこうのの話じゃありませんね。

関鉄春の陣

↑水海道にてキハ0

しかし、扇風機は国鉄マークがバリバリ入ったままだったのだ。扇風機も流用したのか。キハ350はそうそう土休日は動かないみたいですね。すれ違う列車はオールY!!

要するにYが嫌なら平日の朝に通常運賃払って来い!!

ということですね。

水海道車両基地には腐るほど旧型が。水海道以遠を走る唯一の旧型のキハ100もスカ色(筑波鉄道色)が寝てましたし、タラコは限定運用が組まれているのでこの先も、Yの可能性しかない!!だからと言って引き下がってもYしか来ない。しかしちょうどこのまま行くと下館でSLもおかがいるので仕方ないのでそうしましょう。タラコが出てくるのも昼過ぎ(HP上の時刻が改正前のままなので定かでないが)ですし。Yに揺られること1時間弱。下館です。

関鉄春の陣

↑誰かのそっくりさん?

やるべきことはすぐ済んだので、Yで戻りましょう。時間が余るので騰波ノ江駅で途中下車します。関東の駅100選に選ばれた大正時代の木造駅舎ですが、老朽化でまもなく取り壊しと発表されました。「取り壊し前にぜひ、騰波ノ江駅にお越しください」とHPで公開するくらいなら壊さなきゃいいだろうよ。貴重なことはわかっているんだろうから。確かに、裏側はボロボロで、いつ崩れるかわからないような状態でしたが、補修して末永く使ってもらいたいものです。これでまたひとつ100選が減っていきますね。桜川、鉾田、足利そして騰波ノ江ですか?間違っていたらすみません。関鉄は今回が初めてであり、騰波ノ江も今回初なので、得に愛着がある訳ではありませんが、やはりこういう古い駅がなくなるのは寂しいですね。快速は通過するものの、日中でも上下合わせて15〜20分に1本列車がやってくるので、ギャップを感じたりもします。木造駅舎の雰囲気を楽しんで、次の上り列車で後にします。水海道の手前でタラコと行き違いです。関鉄春の陣

↑タラコ

新ダイヤでも若干時刻が違うもののタラコの運用はありました。ずっと寝ていたのにタラコのときだけ目が覚めるのだから不思議なものです。さて水海道です。お目当ては車庫のスカイブルーですが・・・。車庫まではかなり距離がある。が、お誂え向きにも水海道駅では自転車無料貸し出しサービスがあるのです!!自転車をこぐこと5分。車両基地が見えてきました。あれっ!!朝いた、国鉄色(一般色)がいない。取手に行ったか。やられたな。スカイブルーの目の前までたどり着きました。スカイブルーは映画撮影用なため、順次現行色に戻されるというので戻される前に見ておきたいというのがあったので、間に合ってよかったです。動いているところが見たかったけど。

関鉄春の陣

↑スカイブルー

戻ろうとすると、踏切が鳴り始め、なんと国鉄色が!!あ〜。急いで駅に戻るも、すでに姿無し。1往復で入庫かよ!!線路際の道から行けばよかったよ。時刻表をちゃんと見ておかなかった私が悪いんだね。確かにこの運用、怪しい。コイツが走ったとこだけ10分毎になってるんだもんね。そして前後共に繋がる運用はナシ。仕方ないので、次の取手行きに乗り込み、車庫の様子を見てみましょう。 国鉄色は一番奥のほうへ・・・。もう出て来ないな。1駅で下車し、再び水海道へ。苦し紛れに、キハ350・100型の4色揃いの記念乗車券を購入。600円の出費に。水海道で明らかに出庫運用があったので、最後の手段でそれを狙いましたが、Y!!でした。もうこれで帰らないとバイトに間に合わないため、これで撤収となってしまいました。いずれリベンジしてやりましょう!!今に見ておれ、関東鉄道!!

|

« 四国&九州リベンジ(×5)特別編 キハ58/28/65最後の春!!第二夜 | トップページ | まだまだ現役東武顔 »

国鉄・JR気動車」カテゴリの記事

私鉄・その他」カテゴリの記事

遠征記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/521271/20687192

この記事へのトラックバック一覧です: 関鉄春の陣:

« 四国&九州リベンジ(×5)特別編 キハ58/28/65最後の春!!第二夜 | トップページ | まだまだ現役東武顔 »