« あいづライナー代走最終日!!&2008米坂リベンジ | トップページ | リベンジ米坂!! »

2008年4月 9日 (水)

最近の小田急

   

久しぶりに私鉄ネタ(先に東急日記を出してしまった・・・)でもなかったですね。

①           ②           ③           ④           ⑤                      Ca390050Ca390044 Ca390043 Ca390042 Ca390061      

①改正後は混結が消滅か?と懸念されていたものだが・・・。

②もう見れない急行箱根湯本

③3/12の時点ではまだ路線図は従来のまま。

④この標示ももう見れませんね。

⑤ワイドドアの湯本急行(後ろも1000でしたが、改正の前ぶれ?)

⑥           ⑦           ⑧            ⑨           ⑩

Ca390064

Ca390066

Ca390075

Ca390303

Ca390302                         

⑥80周年ステッカーの剥がした跡。やっぱりね。だからあれほど言ったのに!!

⑦記念ステッカーあり+なし

⑧改正後の新宿駅。気持ち悪いです。

⑨順次このようにコーポレートマークがベタベタに貼ってあります。うざい。

⑩側面帯も各車両に・・・。貼りすぎですね。きもい。

小田急はJRと同じく3/15にダイヤ改正を実施、同時にコーポレートマークの装着も開始されました。今更ですが、ダイヤ改正のポイントは新宿・町田等からの登山線直通列車の廃止。また途中駅で分割併合する急行・準急の事実上の廃止。これにより急行/箱根湯本行きは消滅し、またほぼ全ての急行が10両固定運用になったことで4000形の大量増備が可能となり、いよいよ4連の5000形の廃車へのカウントダウンが始まりました。

小田急は箱根湯本直通列車廃止の口実として、風祭駅のバリアフリー化に伴い、登山線内各駅停車に6連が入線出来なくなったとしているがこれは全くの嘘っぱち。本当に乗客の利便性を考えているのなら2両分のドアカット機能を付けるでしょうし、あるいは現在の分割位置Aである前6両後4両となっているのをかつて存在した分割位置Cにして前4両後6両とすれば解決する話です。しかし新型3000形の小田原寄りには電連が装備されておらず、在来6連車両の小田原寄り電連も始まっています。

要するに小田急は客のことなど考えていない。箱根に行くなら特急料金払え!!と。あるいは箱根に行く観光客自体が減っているから、もはや特急だけで運びきれるのでそれで良しとしたのか。かつてシーズンの湯本急行と言ったら、あの盛況ぶりだったのに・・・。小田原〜湯本間なんて登山車両じゃ運びきらないから小田急6連で代走してたのにねぇ。もはや4連で事足りるということか。

私だって、四国・九州・東北には散々行っているのに県下の箱根といったら10年近く行ってないし。近場だって秩父ならちゃんと行ってますよ。箱根はつまらないのですね。箱根に行くよりもっと遠くに行った方が安いし。

観光学部生として言おう。伊豆・箱根はもう終わっている。このまま観光施設が殿様商売をしていたらいずれ誰も観光客は訪れなくなるだろう。伊豆・箱根は何をしてもボッタクリ。金銭感覚直せ。バブルはとっくに終わっているんだから。

あ、話題がずれましたね。要するに小田急は効率しか考えていない。4連の新型を作るより、10連の新型を作った方が1両あたりの価格が下げられますからね。だからと言って、新松田〜小田原間に空気輸送列車を設定するのとどっちが効率がいいのかは長い目で見たらわかりませんがね。

ダイヤの話。以前のダイヤと比べると表面上はあまり変わっていません。変わったのは新松田〜小田原間で簡単に表せば(江ノ島急行や小田原快急のない土休日基準日中)今までの急行小田原が本急行化され、それを補って新松田〜小田原間に各駅停車箱根湯本が増発、その各駅停車は小田原で時間調整しそのまま従来の本急行箱根湯本のスジに入る。かつての湯本本急行で走る本急行、つまり改正後新宿11・41発の本急行小田原に乗れば終点で同一ホームで箱根湯本行きに乗り継ぎ出来ます。そして町田・相模大野発着の6両急行は小田原で分断。湯本方面へは前方に停車している(かつての登山ホームを狭軌化&4連化しました)列車にお乗り換え下さ〜いということになりますね。まあ同一ホームだけど。こんな感じかな。

車両運用はきっと大きく変わったのでしょうね。あとMSEもデビューしましたねぇ。まあダイヤを乱すだけだからあまり感心しないけどね。おかげで、はこねスジで走るさがみとか出来ちゃってますし・・・。MSE走らすならもう少し増備してそれなりの本数が欲しいですね。まあ今後に期待。

 さてHOT東急さんが小田急のダイヤについて仰っていたのでちょっと補足。仰るとおり、確かに2004年12月改正以降、小田原快急が毎時1本だけ設定されたり、平日と土休日で見た目は大分違ったりして、サイクルが大きいようにも見えますが・・・。実際はそういうわけでもありません。基本的には10分基調の30分サイクルです。じゃあ小田原快急は何なのと言われそうですが、ちょうど約30分後にさがみスジの特急があります。つまり、小田原快急と対を成すのは新宿~相模大野間においてはこの特急であるのです。違いは特急料金が必要か否かということ。種別を無視すればダイヤ上は30分サイクルなのです。そもそも改正前は特急毎時4本であり、特急が減った分そのまま小田原快急になったのです。さらに小田原快急は相模大野から先は江ノ島急行が抜けた分で、そのスジにそっくりそのまま入り、相模大野以遠新松田までは急行・快速急行合わせて10分間隔となるのです。さがみスジの特急はあぶれてしまいますが、ゆっくり走る上、他の列車にもさほど影響は与えないので、無視してください。土休日は小田原快急が走らないので、それに伴い、江ノ島急行も走りません。つまり、新宿~相模大野間はさがみスジ特急の対は空スジになってますが、2時間に1本そこにえのしまが走ります。江ノ島線はこの限りではありませんし、明らかに急行をもう1本増発すべきですが、平日の場合だと、さがみがあるために、うまく設定できません。あくまでも私の自論ですが・・・。あと、特急(はこねスジ)は多摩急行のスジが現状では移動できないので、どうしてもはこねは00・30になってしまいます。つ~か、HOT東急さんは部誌だのなんだので散々読んでるでしょ!!

|

« あいづライナー代走最終日!!&2008米坂リベンジ | トップページ | リベンジ米坂!! »

日記」カテゴリの記事

私鉄・その他」カテゴリの記事

コメント

そういえば東京時刻表を見ると、平日に1本だけ新宿から箱根湯本に直通する急行がありますね。新松田行きがそのまま箱根湯本行きになるから、一般客にはわからないかもしれないが・・・。

投稿: MOGUPON | 2008年4月11日 (金) 23時53分

そうなのか!!そんなのがあるなんて気づかなかった。うちの東京時刻表は3月号だから小田急は改正されてないのだがな。後ろ4両が新松田から各駅停車箱根湯本行きってことですか?

投稿: エンケチ | 2008年4月12日 (土) 11時31分

小田急のコーポレートマークはなんか微妙ですね・・・。
odakyuの隣にある絵は一体何でしょう・・・メビウスの輪?

投稿: 地底人 | 2008年4月12日 (土) 15時24分

平日新宿7:49発の急行小田原/新松田の後ろ4両が新松田9:15発箱根湯本行きに充当されています。見た感じこれだけですね。

投稿: MOGUPON | 2008年4月12日 (土) 23時22分

地底人様コメントありがとうございます。

あのロゴは小田急の頭文字、Oをデザインしているようですが、私にはDに見えます。とにかく、あのコーポレートマークはそこらじゅうで叩かれてます。西武程度なら良いですが、貼りすぎは困りものです。

投稿: エンケチ | 2008年4月13日 (日) 16時10分

MOGUPON様情報ありがとうございます。あとで私も調べてみます。

投稿: エンケチ | 2008年4月13日 (日) 16時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/521271/12391985

この記事へのトラックバック一覧です: 最近の小田急:

« あいづライナー代走最終日!!&2008米坂リベンジ | トップページ | リベンジ米坂!! »