« ランタンかもめ | トップページ | ついに最南端到達、そして475の残党に乗る »

2008年2月24日 (日)

「生」青ガエルとご対面

私はついに2/20午後に慣れ親しんだ佐世保の町を発つことになりました。正直寂しいです。

しかしながら、夕方からでは色々行動出来ないために、佐世保駅から2つ目の大塔(詳しくは回転式火粉止81号参照、某軍団の●●●●山登山隊)で一泊(?)。何故佐世保で泊まらなかったかというと、早岐5:13発の始発の221Dに乗るため。いつも乗っていた佐世保始発では遅いのです。あいにく早岐には宿泊場所がなかったので、大塔に泊まり、朝1駅歩くのです!!

というわけで、4時過ぎに宿を出発。始発の大村線で諫早をまたしても目指します。諫早からはやはりおどみゃあ!!に乗り継ぎ。まぁ、今日のお目当てはおどみゃあ!!ではありません。しかし熊本への最速ルートが島鉄+フェリーなので利用するわけです。

今日は平日ですが、島鉄の諫早からの始発2本はキハ20ですよ。九州とは思えぬほど寒い朝だったのでしばし24時間営業の西友へ避寒。時間にあわせて駅に戻ります。


さて、今日は何色が来るかな?


現島鉄+旧島鉄現る!!01





諫早にて

02




平日とあってすいてます

またタラコかと思ってましたが………。もうタラコはいいよって感じですからねぇ。同業者も見あたらず、すいていて良かったです。途中からは高校生で混み合いましたけどね。森山でキハ20同士の交換。あいにく、対向の方が先着していたので並びは撮れませんでした。対向は一般色+タラコ。先々週、先週と見ている列車ですが、やはりタラコが入ってました。偶然でしょうか。しかしやはり通常は2両で、キハ20の特別運用ダイヤのときだけ単コロになるみたいです。


001





毎朝発生していたキハ20同士のすれ違い


いつもフェリー乗り継ぎに使う多比良町では今日は下車しません。今回は島原外港から九商フェリーを使ってみます。そのために大村線始発列車に乗ったのです。これから乗り継ぐフェリーがなんと運賃が40%オフ!!で410円になる特別便なのです。どうもこの割引の裏にはライバル会社の高速フェリー「オーシャンアロー」の存在があるからのようで、ダイヤが近接する便では20%又は40%の割引便が設定されています。なお40%割引になるのは1往復のみです。しかしながら、安いのはいいのですが、後ガマのオーシャンアローがわざと九商フェリーのダイヤと近接させていて、両社を合わせた間隔がハチャメチャ。10分毎に来たり2時間近く空いたり・・・。こういうことをするオーシャンアローには絶対に乗りたくありませんね。

03





実質これがキハ20とのお別れの時

04





島原外港駅

島原外港からのフェリーが着く熊本新港というのが、これまた何もないところでして、何十、何百億と税金をつぎ込んで整備した新しい港なのに、利用者はまばら。廃れてます。綺麗なフェリー待合室やお土産屋があるだけで、辺りは何もナシ。お土産のバイトは超がつくほど暇そうです。連絡の路線バスに乗り継ぎますが、港からの客は私たちだけ。人間だけのフェリー利用は私たちだけだった模様。路線バスも埋め立て地を出るとそれなりに乗ってきました。

05




九商フェリーあそ

06





憎きオーシャンアロー


さて、またまた戻って来ました熊本駅。とりあえず上熊本。満喫きっぷは熊本市電に乗れないのて、しばらく待ってJRで上熊へ。

そう今回の目的は熊本電鉄の青ガエルです。いつも、カエルが止まっているのを横目に通り過ぎるだけですがついにご対面出きる日が来ました。


が、こういうときに限って姿がない……。次の電車が来るまで市電の車庫に止まっている元西鉄の連接車なんかを見てきました。

戻ると奴がやってきたよ。

07





現る!!

確かに青ガエルだ!!

日本ではついにここだけになってしまった東急(旧)5000系。まさか動くカエルに乗ることになるとは。かなり嬉しいです。HOT東急氏は乗りに来たのですかな?

08




カエルの車内

09





路線図にも描かれてます

青ガエルで北熊本へ。線路がガタガタのようで揺れるは揺れるは。熊本電鉄には自転車持ち込み化となっていますが、倒れそうで怖い。が、実際のところ斜め前にいたおばちゃんのチャリは倒れなかった……。


北熊本には車庫がありますが、またここも凄い所でした。タイムスリップしましたかね??という感じです。木造の架線柱はたわんでしまっていますが大丈夫なのでしょうか。車庫には何故か1編成だけ赤帯に変えられた都営6000系(浅草線みたい・・・)ともう1編成のカエル、ラッシュ時用の南海電車が止まってます。検車庫には都営6000がバラされて検査中。それから牽引用の旧型国電もいます。まだ現役で動いているのだから驚きですね。ご厚意で、車内に入れてもらうことが出来ました。ありがとうございます。

10





北熊本にて。6000系は警戒帯入り編成。

11





逆光ですが、並び


北熊本で本線列車も行き違いをするので上熊本支線もそれに合わせて到着/発車するの全ての車両がここに集結するわけです。ちょうど逆光だったので並びは撮れませんでした。残念。熊本電鉄は廃止かLRT化か取り沙汰されているのでこれらの車両の行く末が気になります。

本線で藤崎宮前まで行っても熊本へのアクセスが悪いので再び上熊本へ。その後熊本城を見たりして、おれんじ鉄道経由で鹿児島へ。鹿児島中央で一泊しました。

|

« ランタンかもめ | トップページ | ついに最南端到達、そして475の残党に乗る »

国鉄・JR気動車」カテゴリの記事

私鉄・その他」カテゴリの記事

遠征中」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

HOT東急さんが好きなのは8500系です。
だからあまり旧5000系には興味を示さないのではないのでしょうか。

投稿: 地底人 | 2008年2月24日 (日) 23時16分

返信遅れまして申しわけありません。私は一昨日の夜、無事帰宅しました。


そうですね。確かにHOT東急氏は8500以外にはあまり興味ないようですね。

投稿: エンケチ | 2008年2月28日 (木) 19時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/521271/10727765

この記事へのトラックバック一覧です: 「生」青ガエルとご対面:

« ランタンかもめ | トップページ | ついに最南端到達、そして475の残党に乗る »